詳細

プラユット首相、「今年中に国民の半数にワクチン無料接種」

詳細

  プラユット首相は1月6日、「今年中に国民の半数が無料で新型コロナワクチンの接種を受けることができる」と改めて説明しました。彼によれば、中国の会社から200万回分のワクチンの提供を受ける予定ですが、そのうち20万回分が2月にタイに届けられる予定です。

  このほか、英アストラゼネカ社とオックスフォード大学が開発したワクチンについても購入が予定されています。さらに、アヌティン保健相によれば、政府はワクチンを独り占めする考えはなく、民間企業が外国からワクチンを輸入し、保健当局の承認のもとに国民に接種することは禁止しないとのことです。

2021-01-08 19:10:19

Other news

アプリ「モーチャナ」の件について謝罪と訂正

新型コロナウイルス状況管理センターのスポークスマンタウィーシン博士は6日に、危険エリアへ行く人が「モーチャナ」とい...

タイ東部の5県の移動管理

タイの政府は1月7日から、チョンブリー県、ラヨーン県、チャンタブリー県、トラート県、サムットサーコーン県の5県に対し...

サムットサコーン県の缶詰魚工場で新規陽性者900人が検出

サムットサコーン県の保健当局は6日、県内の缶詰魚工場で約900人が陽性と判定者を検出したと発表しました。 当局者は、積...

タイで2月から新型コロナウイルスのワクチン接種開始

中国の科興控股生物技術のワクチンを2月に20万回分、3月に80万回分、4月に100万回分輸入し、医療従事者や基礎疾患がある人...

プラユット首相、コロナ感染拡大防止のため「違法賭博場に出かけないよう」

違法賭博場での新型コロナウイルスの感染拡大が疑われるケースが複数報告されていることから、プラユット首相は1月5日、違...

「バンコクに違法賭博場は存在しない」と、タイの副首相が反論

地方にある違法賭博場で新型コロナの感染が拡大したとされる事例が報告されている中、タイの副首相であるプラウィット・ウ...

タイで非常事態宣言を2月末まで延長

タイの政府は、現在新型コロナウイルス感染症対策として発令されている非常事態宣言について、新たに2021年2月末まで延長...

バンコクなどの特別警戒ゾーンの28県で、1月4日から新型コロナウイルスの感染対策措置が追加

タイ政府は1月4日から、新型コロナウイルスのタイ国内感染拡大を受け、50人以上の感染が確認されている特別警戒ゾーンの28...

タイ語講座
バナナ
กล้วย klûay
祝日
ページトップへ