タイ地域

観光地

タイはインドシナ半島中央部に位置する東南アジアの国です。国境はミャンマー、カンボジア、ラオス、マレーシアと接しています。 約51万3千平方キロ メートルの国土は首都バンコクと76県からなります。人口 は約6,800万人で、タイ族が約85%、中華系が10%、 他にモーン・クメール系、マレー系、ラオ ス系、インド系が暮らしいます。北部、北東部、東部、中部、南部の5つの地域に分けられます。 タイの気候は熱帯モンスーン気候であり、乾季(11 月~2月)、暑季(3月~5月)、雨季(6月~10月)の3つの季節で分けられています。

Your destination

北部

北部は、古都チェンマイを中心とする、周辺諸国の影響を受け独自の文化を育んだ地域です。 ミャンマー、ラオスと国境を接し、また山岳地帯には独特の習俗を守る山岳民族が住む多彩な文化が特徴的なエリアです。 城壁や寺院など歴史的、芸術的にも価値の高い遺跡群が公園として整備され、世界遺産に登録されています。

東北部

東北部は、イサーンと呼ばれ、タイの5つの地域の中で最も広大な地域です。 人口はタイ国土の3分の1を占めていて、人々のあたたかなホスピタリティもよく知られています。 古代の農耕文明や奥深い歴史性と、ラオスやカンボジアからの影響を受けてきた独自の伝統文化が魅力です。

中央部

中央部は、首都バンコクを中心とする、国内でもっとも発展を遂げている地域です。 農作物の栽培に適した肥沃な大平原が広がり、美しい緑の田園風景が続きます。 タイ湾に面した沿岸部ではホアヒンやチャアムといった街が王室のリゾート地としても有名です。

東部

東部は、美しく穏やかなタイ湾と緑豊かな自然に抱かれた地域です。 東部には観光名所を有する県が多く、特に国際的に知られたアジアを代表するビーチリゾートが点在しています。 豊かな海洋資源を背景に食文化が育まれ、手つかずの自然とタイ最古の木造礼拝堂が残る各エリアを深堀りした知識を学ぶことができます。

西部

西部は、ミャンマーとを険しい山岳地帯が隔て、緑豊かな自然が展開する地域です。 西部はバンコク首都圏の西に位置する 6 県で構成され、スパンブリー県とサムットソンクラーム県以外の 4 県はミャンマーと接しています。

南部

南部は、アンダマン海とタイランド湾に囲まれ、タイのマレー半島部の大部分を保有する地域です。 南端がマレーシアと国境を接し、西はアンダマン海、東はタイ湾に面し、周辺に散在する島々には手つかずの自然が残されています。 いずれの島も美しい白砂のビーチが続き、世界的に有名な美しいビーチリゾートも点在しています。 極上のシーフード料理を存分に楽しむことができるのが南部の魅力です。

Recommended Popular Cities

イマキュレート コンセプション聖堂

チャンタブリー県にあるタイ最大のカトリック大聖堂

パーイ

メーホンソーン県にある小さな町

プーウィアン恐竜博物館

コーンケーン県のプーウィエン国立公園から東へ約3kmの場所にある恐竜の博物館

サムットプラカーン・ ワニ園

バンコク市内から30kmほどの距離にある動物園

ワット・チェン・マン

チェンマイ創都の時に建てられ、かつては王の宮殿として利用されていた寺院

メータクライ国立公園

チェンマイ県サンカンペーン郡とドイサケット郡のエリアを覆う国立公園

カオ・サン・ムック

アンシラとバンセーンビーチの間にある小さな丘

カム島

サッタヒープの南部に位置する小さな島

バンセン海洋科学研究所

パヤオのブラパー大学の敷地内にある水族館

メーサー・スネーク・ファーム

タイの国内から集められたヘビが飼育されているところ

シルバーレイク・ワインヤード

生産・販売・加工の葡萄園でありながら、パタヤの観光地として人気

カオキアオ動物園

生物資源を保存するために作られた、十分なスペースと環境が整えられた動物にやさしい動物園

タイ語講座
デパート
ห้าง haang
祝日
ページトップへ