中央部

サムットソンクラーム県

サムットソンクラーム県は、国内77県で最も小さい県です。アンパワーやその周辺の景観、そこに住む人々のどこか懐かしい暮らしぶりが注目され、日本映画「七夜待」のロケ地にもなりました。ボートクルーズで巡る川沿いに、軒を連ねる民家や水上マーケット、ホタル鑑賞、鉄道の線路上で開かれる市場などが主な見どころです。アンパワーの川沿いには、民宿からリゾートまで各種宿泊施設も点在しており、都会の喧騒を離れて静かなひとときを過ごすことができます。

Samut Songkhram Province

no image
ピンスワン・ベンジャロン

サムットソンクラーム県のアンパワーにあるベンジャロン焼き工房

no image
ワット・プラドゥー

アユタヤ王朝末期に建立されたアンパワーを代表する寺院

no image
バーン・ノイ水上マーケット

アンパワー水上マーケットの近くにある100年以上の歴史を持つ市場

no image
ターカー水上マーケット

サムットソンクラムのアンパワーにある素朴な水上マーケット

ワット・バーンクン
ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ロムフッブ市場
ロムフッブ市場

線路の両脇に野菜や果物などのお店が所狭しとひしめき合うメークローン駅近くの市場

no image
ラーマ2世記念公園

初期ラッタナコーシン時代の人々の生活がタイの伝統的な4軒の家をモデルに、分かりやすく展示されている場所

no image
聖母生誕大聖堂

サムットソンクラーム県バーンコンティー郡に位置するローマ・カトリック大聖堂

no image
アンパワーのホタル鑑賞

夕方から小さなボートに乗ってメークローン川でホタル観賞する大人気のアクティビティ

アンパワー水上マーケット
アンパワー水上マーケット

サムットソンクラーム県のアンパワー運河で開催される有名なナイトマーケット

タイ語講座
3
สาม saam
祝日
ページトップへ