タイ東北部

東北部の説明

東北部は、イサーンとも呼ばれ、ナコーンラーチャシーマーを中心とする20県で構成されており、3分の1の人口を占めているタイで一番広大な地域です。東北部の主な地形は平地となっていますが、一部の地形、特に、東北部の中心は山岳地帯となっている地形もあります。大昔、国境に接しているラオスとカンボジアの影響から与えられてきた独自の文化、伝統、言語、及び郷土料理が東北の魅力的です。

Your destination

no image

ケンクックー

メコン川を臨む大人気の景勝地

no image

プートック山

チェンカーンの最大の見どころである雲海が見れる山

no image

ワット・ソムデット・プールア・ミンムアン

タイでは珍しくチーク材を全面に用いた仏教寺院

no image

スカイウォーク・チェンカーン

タイとラオスの国境にある地上80メートル、歩道の幅2メートル、全長80メートルの展望台

no image

ワット・パー・フゥアイ・ラート

1995年に建立され、パワースポットとしても知られている寺院

no image

チェンカーン・ウォーキング・ストリート

ゲストハウスやレストラン、カフェ、ショップが並ぶ、チェンカーンの目抜き通り

no image

プー・クラドゥン国立公園

標高1200mあまり、山頂付近は平たく台地のようになっていて、切り株のような形が特徴的な山

no image

チェンカーン

ルーイ市街から北へ約48kmほどのところにあるメコン川沿いの小さな町

no image

ワット・シーポーチャイ

ルーイ県ナーヘーオ地区に位置し、500年以上の歴史がある寺院

no image

パー・テーム国立公園

岩盤と森林に覆われた高原に広がる340平方キロメートルもの広さを持つ自然公園

no image

ワット・プラタート・ノーン・ブア

仏教誕生2500周年の記念として1957年に建てられた東北地方で唯一のインド様式を取り入れた寺院

no image

ケーンタナ国立公園

メコン川とムン川の豊かな自然に囲まれた美しい国立公園

タイ語講座

バドミントン
แบดมินตัน bat-min-ton

祝日

ページトップへ