メーホンソン

メーホンソン

メーホンソン県は、涼しい気候が特徴で、サルウィン川はミャンマーとの国境線となっています。深い森の中は、乾期には霧が立ちこめて幻想的な風景になります。チャン族やカレン族、モン族など山岳民族が共に生活し、寺院の建築様式、祭り、食べ物に至るまで、隣国ミャンマーの文化の影響を受けています。太平洋戦争中に旧日本軍が駐屯したという歴史を伝える施設があり、日本人にとってもゆかりのある土地です。

Mae Hong Son Province

no image

プークロン(マッド・スパ施設)

山間の静かな場所にある観光スポット

no image

パーイ川

ミャンマーのサラウィン川に合流する川

no image

サンティチョン村 (雲南文化村)

山の麓にある中国系住民の村落

no image

ワット・プラタート・ドイ・コンムー

標高600mのコン・ムー山の頂上に建たれた寺院

no image

ワット・ナーム・フー

1931年にご本尊の「プラ・ウンムアン」を祀るために建立された寺院

no image

ワット・ムアイ・トー

かつて日本軍が建設した病院

no image

ワット・プラタート・メーエン

パーイの東側の高台にある小さな寺院

no image

ワット・チョン・カム

メーホンソーンにあるチョン・カム湖の畔に並んで佇む寺院

no image

ワット・クラーン

パーイ市内の一角にある寺院

no image

パーイ

メーホンソーン県にある小さな町

タイ語講座
3月
มีนาคม miinaa khom
祝日
ページトップへ