バンコク

バンコク

バンコクは、世界有数の大都市圏を形成していて、ASEAN経済の中心地で、東南アジア屈指の世界都市でもあるタイ王国の首都です。モダンな高層ビル群や巨大なショッピングモールの足元には、屋台での買い物や食事を楽しみ、道すがらの小さな祠に手を合わせる人々の姿が見られます。美しく荘厳な王宮や仏教寺院の数々が密集する旧市街のラッタナコーシン島でも、ひとたび路地へ足を踏み入れれば、昔ながらの静かで素朴な庶民の生活が広がっており、そこかしこに人々の暮らしの息づかいを感じられるとこができます。

Bangkok

no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年に建立され、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山

no image

サーンチャオ・クワーントゥン(広東寺)

1881年に広東省から移民してきた中国系住民の寄付金によって建立された祠

no image

ザ・ミュージアム・オブ・フローラル・カルチャー

花や自然、タイ文化を愛する人々の為の新しいバンコクの観光スポット

no image

シェンコン寺

中古のエンジンや建設機材などを扱う店が軒を連ねるソンワード通り沿いにある小さな祠

no image

レン・ボァイ・イア (龍尾廟)

福建省の潮州地方から移民してきた中国系住民らが建てたとされる、バンコクでもっとも古い祠のひとつ

no image

スーブ・サンパンタウォン教会

シーロム地区に設立されたこぢんまりとした白亜の教会

no image

ワット・サームプラヤー

バンコク王朝初期に「バンクンプロム寺」の名で、モーン族出身の官僚・トゥルットが病で殉職した弟・サートを記念して建立した寺院

no image

ルアン・コーチャ・イスハークのモスク

西洋風建築のイスラム教寺院

no image

ラオブンタオゴン(大本頭公廟)

土地の神様を祀るために建立された祠

no image

テーワスターン

王都建設の慣例に従いラーマ1世の命によって造られたバラモン教の寺院

no image

ククリット・ハウス

タイの歴史の中で最も個性的な人物でした13代首相、ククリット・プラモート氏が生前に暮らしていた邸宅

no image

ラマ7世王博物館

ラマ7世・ポッククラオ国王と王妃の貴重なアイテムを展示している博物館

タイ語講座
父 / お父さん
พ่อ pʰɔ̂ɔ
祝日
ページトップへ