ワット・アルン

ワット・アルン

一般情報

ワット・アルンは、三島由紀夫の小説「暁の寺」に描かれた寺院です。
「アルン」とは「暁」という意味です。        
アユタヤ時代に建立され、当時は「ワット・マコーク」という小さな寺院でしたが、1779年、トンブリ王朝のタークシン王がエメラルド仏を祀り「ワット・アルン」と名付け、第一級王室寺院としました。
トンブリ王朝からチャクリー王朝となってからはワット・プラ・ケオが第一級王室寺院となり、エメラルド仏も移されました。
大仏塔の右にある本堂はラーマ2世の建立で、台座には王の遺骨が納められています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

200バーツ

利用時間

09:00~16:30

アクセス

エクスプレスボートでワット・アルン船着場へ。
向かいのターティアン船着場から渡し船で行く。

住所 / 地図
住所

158 Thanon Wang Doem, Wat Arun, Bangkok Yai, Bangkok 10600

13.7437, 100.4889265

Nearby attractions

no image
ワット・ポー

バンコクの寺院の中で最大の敷地面積を保有している寺院

no image
王宮

バンコクの一つの有名な観光スポット

no image
パークローン市場

バンコクのチャオプラヤー川沿いにあるタイ最大の市場

no image
クイーン・シリキット・テキスタイル博物館

2012年にオープンしたタイ王宮内にある博物館

no image
ワット・ラチャボピット

1869年にラーマ5世により建立された王室寺院

no image
サラ・チャレームクルン・シアター

バンコク建都150周年を記念してラーマ7世からタイの人々への贈り物として建てられた劇場

no image
サパーンプット市場

毎日地元のタイ人で賑わうローカル市場

no image
サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

もっとも信仰心を集める道教寺院の一つ

タイ語講座
座る
นั่ง nang
ここに座ってもいいですか?
ขอนั่งตรงนี้ได้ไหม khor-nang-trong-nii-dai-mai
祝日
ページトップへ