チェンラーイ

チェンラーイ

チェンラーイ県は、かつてタイ北部を統治したランナー王朝最初の都があったタイ国最北端の県です。今でも「ランナー文化」と称されるタイ北部独自の文化・伝統が色濃く残り、メコン川のほとりにあるチェンセーンには、ランナー王朝時代の遺跡群が、チェンライ市内には美しい寺院や文化施設が数多くあります。一方、自然豊かな山岳地帯には、様々なな山岳少数民族や旧中国国民党軍の子孫などが暮らし、王室の別荘地があることでも知られています。

Chiang Rai Province

no image

ドイ・ランカー(ดอยลังกา)

海抜2301メートルもあるタイで6番目に高い山頂

プーチーファー(ภูชี้ฟ้า)

プーチーファー(ภูชี้ฟ้า)

チェンライを代表する観光スポットのひとつで、多くの観光客が絶えず訪れる絶景地

バーンダム博物館(พิพิธภัณฑ์บ้านดำ)

バーンダム博物館(พิพิธภัณฑ์บ้านดำ)

タイの有名な芸術家のタワン・ダッチャニー先生の作品が展示されている博物館

no image

ドイ・パータン(ดอยผาตั้ง)

チェンライにある海抜1635メートルもある高い山頂

ワット・ロンクン(วัดร่องขุ่น)

ワット・ロンクン(วัดร่องขุ่น)

清浄さを象徴する真っ白なデザインの寺院

タイ語講座

歯医者
หมอฟัน, ทันตแพทย์ モーファン / タンタ ペート

祝日

ページトップへ