コーンケーン

コーンケーン

コーンケーン県は、南イサーンの経済の中心都市として発展してきた、東北部で2番目の大きさを持つ県です。同県は、県は自然に恵まれ、古代遺跡も点在しており、観光にも適しています。昔ながらの手法で織り上げたマットミー(絹布)など、訪れた人を魅了するコーンケン独自の製品も豊富で見逃せません。尚、東北地方最大の国立大学であるコーンケン大学も同県にあります。

Khon Kaen Province

no image

サラ・マイ・タイ

1992年8月12日に王妃生誕60年祝賀のためのプロジェクトの一環としてオープンした施設

no image

コーンケーン国立博物館

大昔のコーンケーン周辺で暮らしていた人々の生き方が展示されている博物館

no image

ブン・ケン・ナコーン

コーンケーンに住む地元の人から親しまれ、憩いの場となっている湖

no image

ワット・チャイシー

お堂の壁にびっしりと施された壁画が有名で、コーンケーン県にある寺院

no image

プーウィエン国立公園

タイ北東部コーンケーン県にある国立公園

no image

プーウィアン恐竜博物館

コーンケーン県のプーウィエン国立公園から東へ約3kmの場所にある恐竜の博物館

no image

ホーン・ムーンマン・ミュージアム

タイ国政府観光庁(TAT)の支援のもと、コーンケーン県の歴史が学べる博物館

タイ語講座
แม่น้ำ メェー ナーム
祝日
ページトップへ