コーンケーン

コーンケーン

コーンケーン県は、南イサーンの経済の中心都市として発展してきた、東北部で2番目の大きさを持つ県です。同県は、県は自然に恵まれ、古代遺跡も点在しており、観光にも適しています。昔ながらの手法で織り上げたマットミー(絹布)など、訪れた人を魅了するコーンケン独自の製品も豊富で見逃せません。尚、東北地方最大の国立大学であるコーンケン大学も同県にあります。

タイ語講座

へそ
สะดือ サドゥー

祝日

ページトップへ