アユタヤ

アユタヤ

アユタヤ県は、1351年にウートン王によって建都されてから、1767年にビルマ軍の攻撃で破壊されるまで、アユタヤ王朝の都としてタイの中心であり続けた都市です。かつてタイ内陸の交易の中心として繁栄したアユタヤ王朝の都です。現在は当時を偲ばせる遺跡が残され、世界遺産にも登録されています。バンコクから気軽に旅行できる観光スポットとして知られ、日中は象に乗って遺跡を見学できるほか夜には遺跡が美しくライトアップされます。

Ayutthaya Province

no image

ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

no image

ワット・メーナーンプルーン

アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院

no image

ワット・チュンター

アユタヤ旧市街の島の外にある仏教寺院

no image

ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

no image

ワット・ウォーラチェーターラーム

アユタヤ王朝第22代目のエーカートッサロット王によって建てられた寺院

no image

ワット・ボロムウォンイソン・ウォラーラーム・ウォラウィハーン

現チャクリー王朝によって再興された現存仏教寺院

no image

ワット・タンミカラート

タイのアユタヤ歴史公園の北側にある仏教寺院の遺跡

no image

ワット・ターカーローン

1549年にアユタヤ王朝時代に建てられた古い寺院

no image

ワット・タンマラーム

チャオプラヤー川沿いにある静かで厳かな雰囲気のある現存仏教寺院

no image

ワット・カサッティラート・ウォラウィハーン

チャオプラヤー川沿いにある美しい現存寺院

no image

ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

no image

ゴンコーン市場

かつて関所があったカノーンルアンにある市場

タイ語講座
会社員
พนักงานบริษัท pʰá nák ŋaan bɔɔ ri sàt
祝日
ページトップへ