バンパイン宮殿(พระราชวังบางปะอิน)

バンパイン宮殿(พระราชวังบางปะอิน)

一般情報

バンパイン宮殿は、1637年にアユタヤ王朝のプラサート・トーン王により建てられた宮殿です。
かつて、夏を過ごすため、アユタヤの歴代国王たちがここを訪れたと伝えられています。
たくさんの宮殿からなる宮殿群は、西洋風の建築が特徴で、中にはパビリオンという5つの館や、湖の中央にある大量の黄金で建てられたプラティーナン・アイサワンティップアート離宮、コリント式のワロパット・ピマン王座ホールなどがここの見どころです。
また、美しく整備されている緑豊かな庭園も必見です。

利用料金 / 利用時間

利用料金

入場料金 : 100バーツ
カートで見学 : 400バーツ/台

利用時間

営業時間 : 8:00~17:00
チケット購入 : 8:00〜15:30

アクセス

バンコク市内から車で約1時間15分。

住所 / 地図

住所

Ban Len, Bang Pa-in District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13160

14.2328115, 100.5795468

Nearby attractions

no image

ワット・二ウェート・タンマプラワット

チャオプラヤー川をはさんで、バンパイン宮殿の南側の対岸にありる寺院

()
no image

ゴンコーン市場(ตลาดโก้งโค้ง)

アユタヤ時代の古き雰囲気を感じさせる市場

()
no image

バンサイ民芸文化センター

アユタヤに近い川沿いの農村にあるタイの民芸文化支援施設

()
no image

日本人村(หมู่บ้านญี่ปุ่น)

16~18世紀頃数千人の日本人がアユタヤに暮らしていた村

()
no image

ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

()
no image

ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

()
no image

ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

()
ワット・ヤイチャイモンコン(วัดใหญ่ชัยมงคล)

ワット・ヤイチャイモンコン(วัดใหญ่ชัยมงคล)

1357年にアユタヤ王朝初代ウートン王により建てられた寺院

()
no image

ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

()
no image

ワット・スワンダララーム

チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院

()
ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

()
no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()

タイ語講座

リス
กระรอก グラ ローク

祝日

ページトップへ