バンパイン宮殿

バンパイン宮殿

一般情報

バンパイン宮殿は、1637年にアユタヤ王朝24代目のプラサート・トーン王が建てた、歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていた宮殿です。
1767年のビルマ軍攻略以降、しばらく放置されたままでしたが、チャクリー王朝のラーマ4世と5世によって、現在のように再興されました。
離宮には、パビリオンと呼ばれる、湖の中央で華やかな光を放つタイ風建築のアイサワン・ティッパヤー宮殿、内部見学も可能な中国風建築が美しいウィハット・チャムルン宮殿、ルネッサンス風のワロパット・ピマン王座ホールなどが点在しています。
また、緑が美しい庭園も一見の価値あり、象の形に整えられた植え込みも必見です。

利用料金 / 利用時間

利用料金

入場料金 : 100バーツ
カートで見学 : 400バーツ/台

利用時間

営業時間 : 8:00~17:00
チケット購入 : 8:00〜15:30

アクセス

バンコク市内から車で約1時間15分。

住所 / 地図

住所

Ban Len, Bang Pa-in District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13160

14.2328115, 100.5795468

Nearby attractions

no image

ワット・二ウェート・タンマプラワット

チャオプラヤー川をはさんで、バンパイン宮殿の南側の対岸にありる寺院

()
no image

ゴンコーン市場

かつて関所があったカノーンルアンにある市場

()
no image

バンサイ民芸文化センター

アユタヤに近い川沿いの農村にあるタイの民芸文化支援施設

()
no image

日本人村(アユチヤ日本人町の跡)

16世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにある日本人が住んでいた村

()
no image

ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

()
no image

ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

()
no image

ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

()
ワット・ヤイチャイモンコン

ワット・ヤイチャイモンコン

1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロンに留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院

()
no image

ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

()
no image

ワット・スワンダララーム

チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院

()
ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

()
no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()
タイ語講座
女優
นักแสดงหญิง nák sà dɛɛŋ yǐŋ
祝日
ページトップへ