日本人村(アユチヤ日本人町の跡)

日本人村(アユチヤ日本人町の跡)

一般情報

日本人村は、16世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにある日本人が住んでいた村です。
16世紀の初めから日本が鎖国に入る前までの期間、日本人は朱印船と呼ばれる交易船を使って海外に進出していきました。
その時期にアユタヤに日本人が住みつくようになり、最盛期には2,000~3,000人以上の日本人が住んでいたと言われるほどの規模にまで発展した日本人村がつくられました。
最終的に18世紀初め、日本人村は焼き払われてしまいますが、現在は、この村があったとされている川沿いのエリアに記念公園が作られていて、観光スポットになっています。
敷地内には石碑や2007年に日タイ修交120周年記念館が設立され、友好の歴史を知ることができます。

利用料金 / 利用時間

利用料金

大人50バーツ、子供20バーツ

利用時間

9:30〜17:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約15分。(約8km)

住所 / 地図

住所

Ko Rian, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3327397, 100.5775867

Nearby attractions

no image

ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

()
no image

ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

()
no image

ワット・スワンダララーム

チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院

()
ワット・ヤイチャイモンコン

ワット・ヤイチャイモンコン

1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロンに留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院

()
no image

ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

()
no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()
no image

ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

()
no image

チャオサムプラヤー国立博物館

アユタヤの寺院から発見された黄金の仏像、木彫りの扉、仏像など多数を展示する貴重な資料館

()
ワット・マハタート

ワット・マハタート

13世紀の重要な寺院

()
ワット・プララーム

ワット・プララーム

1369年、ラメスワン王によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院

()
no image

アユタヤ・エレファント・キャンプ

タイの中心部アユタヤにある象乗り体験のできるスポット

()
ワット・ラチャブラナ

ワット・ラチャブラナ

1424年、8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院

()
タイ語講座
トムヤムクン
ต้มยำกุ้ง tom-yum-kung
トムヤムクンナームコン
ต้มยำกุ้งน้ำข้น tom-yum-kung-nam-khon
祝日
ページトップへ