ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

一般情報

ワット・ラチャナダラムは、ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院です。
寺院名にある「ラチャ」は王、「ナダ」は孫、「ラム」は寺院を意味し、バンコクで最も独創的な寺院とされています。
ピラミッド型のピンクの金属状の尖塔は、釈迦が生きた時代のインドと紀元前3世紀のスリランカに建立された「ローハ・プラサート」にちなんで、19世紀にシャム風の建築設計に合わせて建立されたため、スリランカの影響を受けています。
ラーマ3世が、原始仏教に対して深い関心を寄せられていたことが窺えます。
37本の尖塔を持つ全長36メートルのこのローハ・プラサートは、世界で現存する唯一の金属製の精舎(礼拝堂)だといわれています。
6年前に金箔に張り替えたため、現在は金色となっています。
中央塔には仏舎利が納められており、その周囲の37本の尖塔は、「三十七道品」を表現しています。
中央塔内にある67段の階段を登って最上階から周辺の景色を見ることができます。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

9:00〜17:00 (無休)

アクセス

MRTサームヨート駅から徒歩15分。

住所 / 地図

住所

2 Maha Chai Rd, Wat Bowon Niwet, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7552447, 100.5039936

Nearby attractions

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

()
no image

アセアン・カルチャー・センター

名前の通りアセアン加盟国の文化についての情報が展示されている博物館

()
no image

クイーンズギャラリー

アーティストの卵や無名の画家に焦点を当てた次世代アートを展示する美術館

()
no image

ワット・テープティダラーム

1839年ラーマ3の命により1839年に建立された第3級王室寺院

()
民主記念塔

民主記念塔

1932年6月24日、シャム王国時代の絶対王政から立憲君主制に導いたシャム・クーデターを記念して、1940年に建設さた記念塔

()
no image

ラマ7世王博物館

ラマ7世・ポッククラオ国王と王妃の貴重なアイテムを展示している博物館

()
ワット・サケット

ワット・サケット

14世紀~18世紀のアユタヤ王朝時代からある古い寺院

()
ジャイアントスウィング

ジャイアントスウィング

ワット・スタットの目の前にある高さ21.15メートルの2つのそびえ立つ赤い柱

()
no image

テーワスターン

王都建設の慣例に従いラーマ1世の命によって造られたバラモン教の寺院

()
no image

ワット・スタット

9世紀の初めラーマ1世の時代に建立された寺院

()
no image

バンコク都立図書館

2017年4月、民主記念塔近くにオープンしたバンコクの都立図書館

()
no image

サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

もっとも信仰心を集める道教寺院の一つ

()
タイ語講座
聞く
ฟัง, ถาม fhung, tham
音楽を聞く
ฟังเพลง fhung-prueng
祝日
ページトップへ