タイで非常事態宣言を2月末まで延長

タイで非常事態宣言を2月末まで延長

詳細

  タイの政府は、現在新型コロナウイルス感染症対策として発令されている非常事態宣言について、新たに2021年2月末まで延長する事を了承しました。

  タイの非常事態宣言は、これまでに2021年1月15日まで延長されていましたが、タイ国内で新型コロナウイルス感染拡大が広がっている事を受けて、新たに45日間の延長をすることがタイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センターに了承されたものです。

  タイ政府の新型コロナウイルス感染症対策センターでの本日の了承により、2021年1月5日にタイのプラユット内閣の閣議決定を経て官報に掲載され、正式に延長される予定です。

2021-01-05 20:46:34

Other news

バンコクなどの特別警戒ゾーンの28県で、1月4日から新型コロナウイルスの感染対策措置が追加

タイ政府は1月4日から、新型コロナウイルスのタイ国内感染拡大を受け、50人以上の感染が確認されている特別警戒ゾーンの28...

タイでもイギリスで感染が拡大している新型コロナ変異種を確認

タイのチュラロンコン大学のウイルス研究所によると2021年1月3日、イギリスで感染が拡大している新型コロナウイルス変異種...

バンコクの接待を伴う飲食店等営業禁止

タイのバンコク都 (BMA) は12月28日、タイで国内感染が増加してしまっている現状を受けて、年末年始のクラスター感染の発...

バンコクの違法カジノで89人逮捕

タイ警察と国家汚職防止委員会は12月28日午後7時頃、バンコクのチェーンワッタナー通りソイ14の違法カジノの摘発を行いま...

ラヨーン県の違法カジノで集団感染発生

タイのラヨーン県知事は12月27日、午後5時、新たに27人の新型コロナウイルス陽性が確認されたと発表しました。

タイで新型コロナウイルス感染拡大の第二波はより深刻

タイCOVID-19状況管理センター (CCSA) は2020年12月27日、今回の新型コロナウイルス感染拡大は、今年はじめの第一波よりも...

タイ国内、感染防止策を4区分に、CCSA会議での決定

2020年12月24日、タイのプラユット首相も出席してタイ政府CCSAの会議 (コロナ対策担当) が開かれ、現在、タイ国内で新型コ...

アイコンサイアムの大晦日、2万5千発の花火をテレビとオンラインで鑑賞

バンコクを流れるチャオプラヤー川のほとりにあるアイコンサイアムでの、「アメージング・タイランド・カウントダウン2021...

タイ語講座
マンゴー
มะม่วง ma mûaŋ
祝日
ページトップへ