ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

一般情報

ワット・トライミットは、黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院です。
1953年、安置されていた廃寺ワット・プラヤーグライの取り壊しにともなう工事の最中に落下して漆喰が割れ、中から黄金の仏像が現れたといわれています。
黄金の仏像は16Kの本物の金で作られていて、高さ3メートル、重さ5.5トン、時価推定150億円の価値があるとのことです。
黄金の仏像はもちろんのこと、荘厳な佇まいな寺院も見所となっています。
ヤワラート(中華街)に位置するため昔は華人による参拝が多かったのですが、黄金仏像が現れたことでタイ全土から参拝する人々が訪れるようになったそうです。
現在ではツアーで訪れる外国人観光客も多く人気の寺院スポットとなっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

40バーツ

利用時間

8:00〜17:00 (無休)

アクセス

MRTフアランポーン駅1から徒歩約10分。

住所 / 地図

住所

661 Tri Mit Rd, Talat Noi, Samphanthawong, Bangkok 10100

13.7379703, 100.5137418

Nearby attractions

no image

シェンコン寺

中古のエンジンや建設機材などを扱う店が軒を連ねるソンワード通り沿いにある小さな祠

()
フアランポーン駅

フアランポーン駅

タイ国有鉄道の主要幹線4路線の起点駅として位置づけられているバンコク最大かつ最古のターミナル駅

()
no image

サーンチャオ・クワーントゥン(広東寺)

1881年に広東省から移民してきた中国系住民の寄付金によって建立された祠

()
no image

ルアン・コーチャ・イスハークのモスク

西洋風建築のイスラム教寺院

()
no image

レン・ボァイ・イア (龍尾廟)

福建省の潮州地方から移民してきた中国系住民らが建てたとされる、バンコクでもっとも古い祠のひとつ

()
no image

ロン1919

チャオプラヤー川沿いの商船用船着き場を改装して2017年にオープンした商業施設

()
no image

ヤワラート通り(チャイナタウン)

アジア有数の金行街としても有名な観光スポット

()
no image

ラオブンタオゴン(大本頭公廟)

土地の神様を祀るために建立された祠

()
no image

ワット・マンコン・カマラワート(龍蓮寺)

周辺の中国系住民の寄付金によって、1871年に建立されたバンコクで一番古く有名な中国仏教寺院

()
no image

スパンニガー・クルーズ

バンコクの人気タイ料理レストラン「スパンニガー・イーティング・ルーム 」が直営する、チャオプラヤー川ディナークルーズ

()
no image

サンペン市場

中華街=チャイナタウンの一角にある長さ約1キロほどの細い路地に広がる市場で、衣料品、日用品、靴、雑貨、アクセサリー...

()
no image

アイコン・サイアム

2棟の高層コンドミニアムやショッピングモールから構成されるタイ最大級となる複合施設

()
タイ語講座
ピアノ
เปียโน pia-no
ピアノを弾く
เล่นเปียโน len-pia-no
祝日
ページトップへ