フアランポーン駅

フアランポーン駅

一般情報

フアランポーン駅は、1916年に竣工した、タイ国有鉄道の主要幹線4路線の起点駅として位置づけられているバンコク最大かつ最古のターミナル駅です。
正式名は「バンコク駅」や「バンコク中央駅」もありますが、地元の人々の間では「フアランポーン駅」として親しまれています。
ここは一日約200本の列車が24時間発着しています。
チェンマイ県までの北本線、ウボンラチャターニー県とノーンカーイ県までの東北線、サケーオ県(アランヤプラテート)とラヨーン県までの東線、そしてナラーティワート県までの南線、さらにパダンベサールを経てマレーシアのバタワースにつづく国際鉄道の路線が、ここから発車しています。
ドイツのフランクフルト駅をモデルにデザインされたドーム型の駅舎は独特の趣をもち、構内には旅行案内所、銀行、両替所、レストラン、フードコート、コンビニ、インターネットコーナーのほか、長旅の旅行者のためのシャワー室などもあります。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

24時間

アクセス

地下鉄「フアランポーン駅」を出てすぐ。

住所 / 地図

住所

Rong Mueang Rd, Rong Muang, Pathum Wan District, Bangkok 10330

13.7393362, 100.5167954

Nearby attractions

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

()
no image

シェンコン寺

中古のエンジンや建設機材などを扱う店が軒を連ねるソンワード通り沿いにある小さな祠

()
no image

サーンチャオ・クワーントゥン(広東寺)

1881年に広東省から移民してきた中国系住民の寄付金によって建立された祠

()
no image

レン・ボァイ・イア (龍尾廟)

福建省の潮州地方から移民してきた中国系住民らが建てたとされる、バンコクでもっとも古い祠のひとつ

()
no image

ワット・マンコン・カマラワート(龍蓮寺)

周辺の中国系住民の寄付金によって、1871年に建立されたバンコクで一番古く有名な中国仏教寺院

()
no image

ルアン・コーチャ・イスハークのモスク

西洋風建築のイスラム教寺院

()
no image

ヤワラート通り(チャイナタウン)

アジア有数の金行街としても有名な観光スポット

()
no image

ラオブンタオゴン(大本頭公廟)

土地の神様を祀るために建立された祠

()
no image

スパンニガー・クルーズ

バンコクの人気タイ料理レストラン「スパンニガー・イーティング・ルーム 」が直営する、チャオプラヤー川ディナークルーズ

()
no image

ロン1919

チャオプラヤー川沿いの商船用船着き場を改装して2017年にオープンした商業施設

()
no image

スパチャラサイ国立競技場

1935年に開設された、バンコク・パトゥムワン区にある国立の陸上競技兼用スタジアム

()
no image

サンペン市場

中華街=チャイナタウンの一角にある長さ約1キロほどの細い路地に広がる市場で、衣料品、日用品、靴、雑貨、アクセサリー...

()
タイ語講座
カオニャオマムアン
ข้าวเหนียวมะม่วง khao-neaw-ma-muang
祝日
ページトップへ