2月24日に中国製ワクチンがタイに到着、タイ国際航空で輸送

2月24日に中国製ワクチンがタイに到着、タイ国際航空で輸送

詳細

  タイ国際航空はタイ保健省と協力し、中国・北京からタイ・バンコクに新型コロナウイルスのワクチンを輸送します。

  タイ国際航空のTG675便で輸送されるワクチンは、中国の統合型バイオ医薬品会社であるシノバク・バイオテク製の20万回分のワクチンです。TG675便は2月24日午前6時50分に北京を発ち、同日の11時5分にバンコク・スワンナプーム国際空港に到着する予定です。

  輸送に使用される機材はエアバス350-900型機で、マイナス20°Cからプラス20°Cの温度を制御できる温度制御コンテナを搭載します。また、タイ国際航空はワクチン保管のため、地上設備や大型空調貨物エリアを特別に整備したとのことです。

2021-02-18 20:46:13

Relate news

新型コロナ感染の女性看護師が死亡、中国製ワクチンへの不信感強まる

中部サムットサーコーン県からの報道によれば、サムットサーコーン病院に勤務する45歳の女性看護師が新型コロナに感染して8月1日に死亡しましたが、この看護師が中国シノバック製ワクチンの1回目接種を受けていたことから、同ワクチンの有効性を疑問視する意見も増えているということです。

新型コロナワクチン混合接種後に死亡の39歳女性、死因は脳浮腫

西部プラチュアップキリカン県で1回目にシノバック製の新型コロナワクチンを接種した39歳の女性が2回目にアストラゼネカ製ワクチンの接種を受けた翌日に死亡するという事例が報告されましたが、保健省疾病対策局によれば、解剖の結果、血栓ができたことによる脳浮腫が死亡の直接的な原因であることが判明したということです。しかし、ワクチン接種が原因で血栓ができて脳がむくんで死亡したかは今のところ不明で、因果関係についてはさらなる調査・研究が必要とのことです。

CPグループが中国シノバック製ワクチン輸入に改めて関与を否定

タイ政府が先に中国シノバック製新型コロナワクチンの輸入を決めたことに「中国製ワクチンは有効性が低く、政府は国民の健康を考えていない」といった批判が出ていますが、タイ最大の農業コングロマリットとされるチャルンポーカパン(CP)グループはこのほど、改めてシノバック製ワクチン輸入には関与していないと説明しました。

タイ保健省「中国シノバック製ワクチンの有効性は71%~91%」

タイ保健省は6月28日、「新型コロナウイルスのアルファ株(英国型)に対する中国シノバック製ワクチンの有効性は2回接種することで71~91%にのぼる」と発まし表した。これは、タイでアルファ株の感染が拡大していた4月から5月にかけてプーケット県、サムットサーコーン県、チェンライ県のハイリスクグループの人々と医療従事者を対象に実施された調査・研究によるものです。

タイ国際航空が中部空港とバンコクを結ぶ便を再開

新型コロナの影響で運休していた中部空港とバンコクを結ぶ便が、1年4カ月ぶりに運航を再開します。来月1日から運航を再開するのは、タイ国際航空の中部空港とバンコクを結ぶ便です。新型コロナの影響で去年3月末から運休していて、約1年4カ月ぶりの運航再開となります。

タイ保健省「シノバック製ワクチンは安全」、一方で疑問視する医師も

中国のシノバック・バイオテック社製ワクチンの接種を受けた人のうち7人に脳梗塞のような症状が出たと国立チュラロンコン大学の医師が明らかにしましたが、保健省はこのほど、「中国製ワクチンは安全」との声明を発表しました。

プラユット首相は中国からのワクチン接種第一号に名乗り

タイには2月24日に最初の新型コロナワクチンが中国から届けられる予定でしたが、中国製ワクチンについては一部で予防効果や安全性を不安視する声が出ていることから、プラユット首相は2月22日、「最初に接種を受けるつもりはあるか」との報道陣の質問に対し、「できるならそうしたい。その用意はある」と述べ、接種に前向きな姿勢を示しました。

2月にタイに届く中国製ワクチンに不安の声が上がっている

タイの政府は複数の供給元から新型コロナウイルスのワクチンを入手し国民に接種する方針を発表しました。その一方で、中国製ワクチンに一部で不安の声が上がっています。このため、保健省疾病対策局のオパート局長は1月10日、外国の経験を参考に誰に最初に接種するかを決めるなど慎重にワクチン計画を進めると説明しました。

Other news

チョンブリー県で中国人ら15人がパーティー開催で逮捕

タイ警察フアイヤイ署は2月15日夜9時半頃、新型コロナウイルス対策のため、感染拡大の可能性があるパーティーの開催などが...

チュラ寮クラスターは警備員の指紋スキャナーからの可能性

バンコクのチュラロンコン大学の寮で発生した新型コロナウイルスのクラスターでは、これまで22人の陽性者を確認しました。...

控訴裁、不敬罪で逮捕された4人の反政府勢力の保釈請求却下

反政府勢力が昨年9月に不敬容疑で捕らえられた同勢力幹部4人の釈放を繰り返し要求していますが、控訴裁判所(日本の高等裁...

タイ入国後の新型コロナ変異株の流入阻止で対策強化を検討

タイの新型コロナウイルス感染症対策センター (CCSA) は2月15日、タイで初めて新型コロナウイルスの南アフリカ変異株が確...

バンコクで反政府デモ隊と警官隊衝突

2月13日の夜、バンコクの民主記念塔や最高裁判所前などで、反政府デモ隊と警官隊が衝突し、30人以上がけがをしました。

タイ初の新型コロナ南アフリカ型変異株感染確認

タイ王国 保健省疾病管理局長は2月14日、タイで初めて新型コロナウイルスの南アフリカ変異株を確認したと明らかにしました...

有名なキッズモデリング事務所を摘発、児童ポルノ大量所持

タイ王国法務省特別捜査局(DSI)とタイ警察クロンルアン署2月11日、パトゥムタニ県でクロンルアンにある有名なキッズモデ...

ワットサケット寺院で反タイ反政府集会、2月14日午後15時から17時まで

在タイ日本国大使館によると、2月14日15時から17時まで、反政府グループによる政治集会が実施される予定です。バンコク・...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

バンコクの中華街、ヤワラートにある有名な第二級王室寺院

タイ語講座

ソンテウ(小型トラックの荷台を改造して旅客用とした乗り物)
สองแถว ソンテウ

祝日

ページトップへ