詳細

タイ国際航空が中部空港とバンコクを結ぶ便を再開

詳細

  新型コロナの影響で運休していた中部空港とバンコクを結ぶ便が、1年4カ月ぶりに運航を再開します。

  来月1日から運航を再開するのは、タイ国際航空の中部空港とバンコクを結ぶ便です。

  新型コロナの影響で去年3月末から運休していて、約1年4カ月ぶりの運航再開となります。

  運航は木曜日と日曜日の週2日で、それぞれ1日1往復します。

  タイ国際航空によりますと、タイ人の帰国や、自動車関連企業などのビジネス需要を見込んでいるということです。

  中部空港の国際線はこれまでにソウル線、台北線、マニラ線、シンガポール線、デトロイト線が再開し、合わせて週に11便運航しています。

2021-06-04 20:49:47

Other news

スシロー、バンコク北郊にタイ2号店をオープン

日本の回転ずし最大手「スシロー」は2日、タイの首都バンコク北郊パトゥムターニー県で同国2号店の営業を始めました。新型...

7月中にバンコク都民の7割にワクチン接種

タイ保健省疾病対策局によれば、政府が6月から全国展開するワクチン接種プログラムでは、7月中にバンコク都民のワクチン接...

バンコク都の規制緩和発表、即日CCSAが却下し延期決定

バンコク都は2021年5月31日、新型コロナウイルス対策で閉鎖されている5種類の事業を6月1日より再開させる規制緩和を発表し...

サラブリー県の鶏肉加工工場でクラスター発生、5日間閉鎖

サラブリー県ケンコーイ郡に位置するCPグループ傘下のチャルンポーカパン・フーズ社で、391人の新型コロナウイルス陽性が...

「新型コロナワクチンの原材料に豚脂」はフェイクニュース

デジタル経済社会省は5月29日、「シノバック社製とアストラゼネカ社製の新型コロナウイルスのワクチンには、豚の脂肪が含...

タイ保健省が中国シノバック製ワクチンは有効率83.3%を発表

新型コロナワクチンは米国のファイザー製やモデルナ製が有効率90%以上と報じられていますが、保健省によれば、南部プーケ...

タイ型変異株とみられる、イギリスで109人から「C.36.3」を検出

英国公衆衛生サービスは5月27日、VUI-21MAY-02(C.36.3)という新型コロナウイルス変異株が109人から検出されたと発表しま...

バンコク・バンスー中央駅でワクチン接種開始

バンコクのバンスー中央駅で5月24日、公共輸送機関の運転手などを対象とした新型コロナワクチン集団接種が開始されました...

タイ語講座
いらっしゃいませ
ยินดีต้อนรับ yin-dii-torn-rab
祝日
ページトップへ