タイ入国後の新型コロナ変異株の流入阻止で対策強化を検討

タイ入国後の新型コロナ変異株の流入阻止で対策強化を検討

詳細

  タイの新型コロナウイルス感染症対策センター (CCSA) は2月15日、タイで初めて新型コロナウイルスの南アフリカ変異株が確認されたことを受けて、一部の旅行者の隔離検疫期間の延長を検討していることを明らかにしました。

  同センターは、アフリカのタンザニアからエチオピア経由で帰国した41歳のタイ人男性が、南アフリカ変異株に感染していたことを明らかにしました。男性がアフリカからの帰国だったことから通常より多くの検査を実施して、南アフリカ変異株に感染していることが確認できました。

  現在タイに入国した全ての人々は、14日間(15泊16日)の隔離検疫を指定の施設で受ける必要があります。しかし同センターは、危険度の高い国からタイに入国する人々に対して隔離検疫期間を21日間に延長し、南アフリカ変異株を確認するための必須の検査を増加させるよう検討しているとのことです。

2021-02-16 19:14:17

Relate news

今年のソンクランに6か所の空港の利用者数が約100万人に増加すると予想

4月1日よりタイ入国前のRT-PCR検査が撤廃されたと伴い、タイ空港公社(AOT)は、今年のソンクラン期間中にタイ空港公社が運営する6つの空港を利用する国内線と国際線の乗客が約100万人に増加すると予想しています。

タイ入国前のRT-PCR検査の撤廃、外国人旅行者が急増

4月1日よりタイ入国前のRT-PCR検査が撤廃されてから、外国人旅行者が以前と比べて著しく急増していきて、スワンナプーム空港の活気を与えています。

新型コロナ混合型変異「XE」がタイで初めて発見

4月2日、マヒドン大学ラマティボディ病院のゲノム医療センターが、新型コロナウイルスのオミクロン株(BA.1)とステルスオミクロン株(BA.2)が組み合わさった混合型の変異株「XE」の感染者をタイで初めて発見したと発表しました。同感染者の症状は軽症で、現在治療を終えました。

タイで身を隠したインド人マフィアを逮捕

2月24日、タイ入国管理局のパークプームピパット・サッチャパン警察中将は、インターポールが逮捕状を出した殺人、強盗、人身売買、身代金ための拉致、資金洗浄の容疑者であるインド人マフィアのハーマーン氏(29歳)をパタヤで逮捕しました。

CCSA、ロックダウンなし、テスト・アンド・ゴー中止なし

2月21日、タイ保健省が型コロナウイルス警戒レベルを「4」に引き上げたことで、人々はロックダウンの可能性という恐怖を抱いたため、プラユット首相率いる新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は2月23日、ロックダウンを実行する方針はないと断言しました。

「プーケット・サンドボックス」、訪問33万人、収益430億バーツ

2月23日、タイ首相府のタナコン・ウォンブンコンチャナ報道官は、隔離なしでタイ入国プログラム「プーケット・サンドボックス」は、初日の2021年7月1日から2022年2月22日までに、外国人旅行者数が33万3784人、収益が約430億バーツだと明らかにしました。

タイ保健省 国内の新型コロナ警戒レベルを「4」に引き上げ

2月21日、タイ保健省は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が急速に感染拡大したことを受けて、新型コロナウイルス警戒レベルを「4」に引き上げたと発表しました。(最高の警戒レベルは「5」)

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

Other news

バンコクで反政府デモ隊と警官隊衝突

2月13日の夜、バンコクの民主記念塔や最高裁判所前などで、反政府デモ隊と警官隊が衝突し、30人以上がけがをしました。

タイ初の新型コロナ南アフリカ型変異株感染確認

タイ王国 保健省疾病管理局長は2月14日、タイで初めて新型コロナウイルスの南アフリカ変異株を確認したと明らかにしました...

有名なキッズモデリング事務所を摘発、児童ポルノ大量所持

タイ王国法務省特別捜査局(DSI)とタイ警察クロンルアン署2月11日、パトゥムタニ県でクロンルアンにある有名なキッズモデ...

ワットサケット寺院で反タイ反政府集会、2月14日午後15時から17時まで

在タイ日本国大使館によると、2月14日15時から17時まで、反政府グループによる政治集会が実施される予定です。バンコク・...

タイの地下賭博場、全国に約200ヶ所、バンコクに47ヶ所

新型コロナウイルスのクラスターも発生した地下賭博場と役人との関係を調査するために2021年1月に設置されたタイ政府の委...

タイの保健相は、ワクチン取得計画での批判に反論

国民に接種する新型コロナウイルスのワクチンの取得に関する政府の計画に一部で批判が出ている問題で、アヌティン保健相は...

MBK前で反タイ政府集会、2月10日午後5時頃から

在タイ日本国大使館によると2月10日17時頃から、バンコク・サイアム地区のMBKセンター前スカイウォークにおいて、反政府グ...

BTSグリーンラインの運賃値上げが延期

バンコク都知事は、2月16日からの予定だったBTSグリーンラインの最大運賃を104バーツに引き上げる計画を、追って通知があ...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

バンコクの中華街、ヤワラートにある有名な第二級王室寺院

タイ語講座

太鼓(たいこ)
กลอง glong
太鼓を叩く
ตีกลอง tii-glong

祝日

ページトップへ