タイ初の新型コロナ南アフリカ型変異株感染確認

タイ初の新型コロナ南アフリカ型変異株感染確認

詳細

  タイ王国 保健省疾病管理局長は2月14日、タイで初めて新型コロナウイルスの南アフリカ変異株を確認したと明らかにしました。

  南アフリカ変異株に感染していたのは宝石商の41歳のタイ人男性で、宝石を仕入れるためタンザニアに2ヶ月滞在した後、エチオピアを経由して、1月29日にスワンナプーム空港からタイに入国しました。アフリカからの帰国だったためより多くの検査をした結果、隔離検疫施設に滞在中の2月3日に南アフリカ変異株に感染していることがわかりました。

  南アフリカ変異株に感染したタイ人男性と接触した医療従事者は、完全な個⼈防護具 (PPE) を着用していたため、感染していないとのことです。

  なお現在タイで流行しているのはG株で、重篤な症状は出にくいものの、感染しやすいと言われています。

2021-02-15 20:20:00

Relate news

プーケット県、新型コロナウイルスのエンデミック宣言を目指

プーケット県のピチェート・パーナポン副知事は、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念を緩和するために、プーケット県はタイ初の新型コロナウイルスを風土病、エンデミック宣言を目指したいと考えています。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

タイでは新型コロナ新規陽性者の7割がオミクロン株

タイ保健省は1月11日、新型コロナウイルスの状況は年が明けて2022年になってから、オミクロン株の症例が新規陽性者の大半を締めていると明らかにしました。

タイの54都県でオミクロン株確認 累計2062人

タイ保健省は1月4日、タイで新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者が2021年11月1日から2022年1月3日まで2062人確認されたと発表しました。そのうち、1105人が入国・帰国者、957人が国内感染で、54都県で感染者が確認されました。

バンコクでの娯楽施設 2022年1月15日まで閉鎖を延長

バンコク都のアサウィン知事は12月29日、バンコク都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

CCSAが旅客機内のオミクロン株感染リスクは2~3倍になると警告

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12日23日、旅客機内での新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染リスクは、2~3倍になると警告しました。

タイ・ラオス友好橋の再開計画は延期

タイ東北部ノンカーイ県とラオスの首都ビエンチャンを繋ぐ、メコン川に架かる「タイ・ラオス友好橋」を再開する計画は、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の拡散を防ぐためのタイ政府の措置のために保留されました。

パタヤでのレストラン「スカイマウンテン」、新型コロナ対策違反で5度目の摘発

タイ東部チョンブリー県パタヤの警察パタヤ署は12月14日23時50分頃、南パタヤのバリハイ埠頭付近にあるタイ料理レストラン「スカイマウンテン」を急襲し、 新型コロナウイルス対策の法令に違反したとして摘発しました。

Other news

有名なキッズモデリング事務所を摘発、児童ポルノ大量所持

タイ王国法務省特別捜査局(DSI)とタイ警察クロンルアン署2月11日、パトゥムタニ県でクロンルアンにある有名なキッズモデ...

ワットサケット寺院で反タイ反政府集会、2月14日午後15時から17時まで

在タイ日本国大使館によると、2月14日15時から17時まで、反政府グループによる政治集会が実施される予定です。バンコク・...

タイの地下賭博場、全国に約200ヶ所、バンコクに47ヶ所

新型コロナウイルスのクラスターも発生した地下賭博場と役人との関係を調査するために2021年1月に設置されたタイ政府の委...

タイの保健相は、ワクチン取得計画での批判に反論

国民に接種する新型コロナウイルスのワクチンの取得に関する政府の計画に一部で批判が出ている問題で、アヌティン保健相は...

MBK前で反タイ政府集会、2月10日午後5時頃から

在タイ日本国大使館によると2月10日17時頃から、バンコク・サイアム地区のMBKセンター前スカイウォークにおいて、反政府グ...

BTSグリーンラインの運賃値上げが延期

バンコク都知事は、2月16日からの予定だったBTSグリーンラインの最大運賃を104バーツに引き上げる計画を、追って通知があ...

バンコク内のある道路に陥没穴が現れた

2月8日夜、バンコクのプラナコーン地区にあるエメラルド仏寺院の近く、海軍クラブの前のマハラトロードに、幅1メートル、...

ATM焼き切り現金強奪、40歳の男と少年2人逮捕

プラーチーンブリー県のカビンブリ警察署は、ATMを破壊して現金758,900バーツを奪ったとして40歳の男と19歳と18歳の少年を...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

タイ語講座

10月
ตุลาคม トゥラーコム

祝日

ページトップへ