バンコク近郊のプラスチック工場で爆発火災、6日にようやく鎮火

バンコク近郊のプラスチック工場で爆発火災、6日にようやく鎮火

詳細

  バンコク南郊サムットプラカーン県バンプリー区のプラスチック工場で発生した爆発火災は、6日午後6時半ごろ、ようやく鎮火しました。

  5日未明にバンコク近郊の国際空港近くにある「ミンディケミカル社(MINGTY CHEMICAL)」のプラスチック工場で大きな爆発があり、その後、火災が発生しました。

  各報道によると、この爆発火災で消火活動中の消防士1人が死亡し、約43人が負傷し、工場建屋が全焼、近隣の住宅など建物約100棟と自動車15台が破損したということです。

  爆発の衝撃で周辺の建物のガラスが割れるなどの被害も出ています。工場の周辺では6日も強い異臭が漂い続けています。

  この工場では化学物質を扱っていて、さらなる爆発の恐れがあったことなどから当局は周辺住民への避難を呼び掛けました。

  爆発の原因については今のところ明らかになっていません。

2021-07-07 18:39:05

Other news

バンコク近郊の化学工場火災は鎮火 1人のボランティアが死亡

バンコク近郊のサムットプラカーン県バンプリー区バーンケーオのキンケウ通りソイ21にある、台湾系のミンディケミカル社(...

プラユット首相がプーケットで濃厚接触 自宅待機1週間

プーケット県ではワクチン接種済みの外国人については隔離措置を免除する「プーケット・サンドボックス」という観光再開プ...

東京五輪女子セーリング競技に出場したタイ代表のカモンワン・ジャンイム選手

来月東京で行われる東京オリンピック・パラリンピックの開催をひかえ、在京タイ王国大使館では、タイ代表選手を紹介するプ...

発泡プラスチック工場で発火、化学薬品タンクに火災が広がる恐れで半径5~10キロで避難

7月5日午前3時10時頃、サムットプラカーン県バンプリー区バーンケーオのキンケウ通りソイ21にあるMINGTY CHEMICAL社の発泡...

アストラゼネカ製ワクチン配布に遅れ タイ政府批判強まる

タイで広く接種されている新型コロナワクチン2種のうち、アストラゼネカ製ワクチンはタイ政府による配布が遅れており、こ...

新型コロナ陽性のピムター バンコクからチェンマイに旅行し発症

日本語が堪能なことで知られるピムター・ターニダーさんが7月2日、新型コロナウイルス陽性であることを明らかにしました。...

7月2日・3日はバンコク各所で反政府集会

在タイ日本国大使館によると、7月2日及び3日に、反政府グループ等による政治集会が行われる予定です。

地方医師協会 アストラゼネカ製ワクチン供給遅延回避を政府に要求

地方医師協会は7月1日、タイ国内でアストラゼネカの新型コロナワクチンをライセンス生産しているサイアム・バイオサイエン...

タイ語講座
具合(ぐあい)
สภาพร่างกาย sa-paap-rang-gaai
具合が悪い。
รู้สึกไม่ดี ruu-suek-mai-dii
祝日
ページトップへ