バンコク近郊の化学工場火災は鎮火 1人のボランティアが死亡

バンコク近郊の化学工場火災は鎮火 1人のボランティアが死亡

詳細

  バンコク近郊のサムットプラカーン県バンプリー区バーンケーオのキンケウ通りソイ21にある、台湾系のミンディケミカル社(MINGTY CHEMICAL)の発泡プラスチック工場の火災は、7月5日午前3時10分の発生から26時間ほどが経ち、ようやく鎮火が確認されました。

  交通情報ラジオチャンネル「JS100 Radio」によると、7月6日午前5時20分、鎮火が確認されました。しかし引き続き温度を下げるための噴水は続けられています。なお体に有害な化学物質が含まれた煙がまだ残っているため、近隣から避難した人々はまだ戻らないようにとのことです。

  また、今回の工場の火災により、1人のボランティア救助隊の男性が命を落としました。亡くなったのは、チャンタブリ県出身でのコラシット・ラーウパンさんでした(愛称ポーズ)。コラシットさんは正午ごろに起きた爆発に巻き込まれ亡くなりました。19歳でした。

  コラシットさんの母親は自身のFacebookページで、「母の心は最高です。私はあなたを誇りに思っています」と、亡くなったコラシットさんにメッセージを送っています。

2021-07-06 17:45:35

Other news

プラユット首相がプーケットで濃厚接触 自宅待機1週間

プーケット県ではワクチン接種済みの外国人については隔離措置を免除する「プーケット・サンドボックス」という観光再開プ...

東京五輪女子セーリング競技に出場したタイ代表のカモンワン・ジャンイム選手

来月東京で行われる東京オリンピック・パラリンピックの開催をひかえ、在京タイ王国大使館では、タイ代表選手を紹介するプ...

発泡プラスチック工場で発火、化学薬品タンクに火災が広がる恐れで半径5~10キロで避難

7月5日午前3時10時頃、サムットプラカーン県バンプリー区バーンケーオのキンケウ通りソイ21にあるMINGTY CHEMICAL社の発泡...

アストラゼネカ製ワクチン配布に遅れ タイ政府批判強まる

タイで広く接種されている新型コロナワクチン2種のうち、アストラゼネカ製ワクチンはタイ政府による配布が遅れており、こ...

新型コロナ陽性のピムター バンコクからチェンマイに旅行し発症

日本語が堪能なことで知られるピムター・ターニダーさんが7月2日、新型コロナウイルス陽性であることを明らかにしました。...

7月2日・3日はバンコク各所で反政府集会

在タイ日本国大使館によると、7月2日及び3日に、反政府グループ等による政治集会が行われる予定です。

地方医師協会 アストラゼネカ製ワクチン供給遅延回避を政府に要求

地方医師協会は7月1日、タイ国内でアストラゼネカの新型コロナワクチンをライセンス生産しているサイアム・バイオサイエン...

「Siamdol Cafe」がバンコクのドンキモール・トンローでオープン、女性スタッフを募集

今でこそ新型コロナウイルスの影響でライブや特典会は開催されていませんが、タイは空前のアイドルブーム。多くのアイドル...

タイ語講座
戻る
ย้อนกลับ ヨーン グラブ
祝日
ページトップへ