アストラゼネカ製ワクチン配布に遅れ タイ政府批判強まる

アストラゼネカ製ワクチン配布に遅れ タイ政府批判強まる

詳細

  タイで広く接種されている新型コロナワクチン2種のうち、アストラゼネカ製ワクチンはタイ政府による配布が遅れており、これを非難する声が強まっています。

  6月には全国的な集団接種が開始され、アストラ製ワクチン約600万回分が配布される予定でしたが、配布に遅れが出て政府は厳しい批判を受けることになりました。タイ政府によれば、アストラ製ワクチンはタイ国内でサイアム・バイオサイエンス社がライセンス生産していますが、政府の発注が遅かったせいで、国内生産されたワクチンの多くが外国に輸出されてしまったということです。

  また、アストラゼネカ・タイランド社は国内生産されたワクチンのわずか3分の1しかタイ向けとしていないとの報告もあります。

2021-07-05 16:38:50
Comment
Add Comment

コメント情報なし

Relate news

タイでAPEC開催期間中のデモ隊 プラユット首相が主催者であると認めず

タイ首都のバンコクで、APEC(アジア太平洋地域経済協力)首脳会議が開催されていると同時に、バンコク内で大規模な反政府グループによるデモが行われました。今回のデモは、APEC自体を反対するわけではなく、プラユット氏が首相を務めているタイがAPECの主催者であることを認めないことを理由としてを含め、APECのテーマでもある「BCG(バイオ・循環型・グリーン)経済モデル」に反対するために行われています。 また、今まで行われていた反政府デモのように、不敬罪を規定した刑法112条の改正あるいは削除や、プラユット首相の辞任などの要求も含まれています。

タイ政府 新型コロナ対策の非常事態宣言を9月30日に解除 観光産業の活性化

タイ保健当局は9月23日、新型コロナウイルスの対策として2020年から実施した非常事態宣言を9月30日に解除すると発表しました。

タイ保健相 ワクチン6回目接種したもののコロナに感染

6月28日、アヌティン・チャーンビラクル副首相兼保健相が、新型コロナウイルスの感染が確認されました。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

タイ保健省 3歳以上の子供へのコロナワクチン使用を承認

タイ保健省疾病管理局オーパース局長は2月1日、ワクチンが小児および青年に有効かつ安全であることを示す研究を検討した結果、3歳から17歳までの未成年者にシノバック製ワクチンの接種を許可することで小委員会が合意したことを明らかにしました。

タイ国立大学医学部長「今のところ4回目のコロナワクチン接種は不要」

新型コロナは感染力の強いオミクロン株の出現で世界的に3回目のワクチン接種を進める動きが出ていますが、シリラート病院医学部のプラシット学部長は1月26日、「大半の人にとって4回目のワクチン接種は必要がない」と指摘しました。

タイでは新型コロナ新規陽性者の7割がオミクロン株

タイ保健省は1月11日、新型コロナウイルスの状況は年が明けて2022年になってから、オミクロン株の症例が新規陽性者の大半を締めていると明らかにしました。

タイの54都県でオミクロン株確認 累計2062人

タイ保健省は1月4日、タイで新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者が2021年11月1日から2022年1月3日まで2062人確認されたと発表しました。そのうち、1105人が入国・帰国者、957人が国内感染で、54都県で感染者が確認されました。

Other news

新型コロナ陽性のピムター バンコクからチェンマイに旅行し発症

日本語が堪能なことで知られるピムター・ターニダーさんが7月2日、新型コロナウイルス陽性であることを明らかにしました。...

7月2日・3日はバンコク各所で反政府集会

在タイ日本国大使館によると、7月2日及び3日に、反政府グループ等による政治集会が行われる予定です。

地方医師協会 アストラゼネカ製ワクチン供給遅延回避を政府に要求

地方医師協会は7月1日、タイ国内でアストラゼネカの新型コロナワクチンをライセンス生産しているサイアム・バイオサイエン...

「Siamdol Cafe」がバンコクのドンキモール・トンローでオープン、女性スタッフを募集

今でこそ新型コロナウイルスの影響でライブや特典会は開催されていませんが、タイは空前のアイドルブーム。多くのアイドル...

タイで第3波衰えず、累計25万人超 デルタ株の拡大で重症患者が急増

タイでは、今年3月下旬に発生した新型コロナウイルス感染症の第3波が猛威を振るっています。現在も1日当たり2,000~5,000...

タイ人気リゾートのプーケット、観光客の受け入れ再開

タイ当局は、人気リゾート地プーケット島で新型コロナウイルスワクチン接種済みの観光客の受け入れを再開することで、重要...

タイコメディアンのゴティ・アーラームボーイが新型コロナウイルス陽性

タイコメディアンで俳優、そしてMCなどでも活躍するゴティ・アーラームボーイさん(40歳)が6月30日に自身のSNSで、新型コ...

ナイトライフ産業従事者、補償を求めてビキニとハイヒールを並べる

バンコクで6月29日朝、ゴーゴーバー、マッサージパーラー、カラオケといったナイトライフ産業に従事する人々が、ナイトラ...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

タイ語講座

6月
มิถุนายน (มิ.ย.) ミトゥナーヨン(略して、ミヨー)

祝日

ページトップへ