チェンライで新たに国内陽性者4人を確認

チェンライで新たに国内陽性者4人を確認

詳細

  チェンライ県の公衆衛生当局によると、2020年12月3日、タイのチェンライ県で、新たに4人の新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

  1人は、これまでに密入国で帰国したタイ人女性と接触して感染したものと見られています。残りの3人は、ミャンマーから帰国し隔離プロセスを経ており、隔離期間に新型コロナウイルスの感染が確認されました。そのため、タイ国内で活動していた新たな陽性者は1人です。

  タイ北部では事態を受けて大規模な感染検査が行われており、学校も多くは休校となっています。このように、タイでは国内の新型コロナウイルスの感染は抑え込めていたとされてきましたが、そのタイの国内へ複数が隔離を逃れ不法入国し、新型コロナウイルスの感染者が行動していた事で、大きな騒動となってしまっています。

2020-12-04 18:40:33

Relate news

今年のソンクランに6か所の空港の利用者数が約100万人に増加すると予想

4月1日よりタイ入国前のRT-PCR検査が撤廃されたと伴い、タイ空港公社(AOT)は、今年のソンクラン期間中にタイ空港公社が運営する6つの空港を利用する国内線と国際線の乗客が約100万人に増加すると予想しています。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

タイでは新型コロナ新規陽性者の7割がオミクロン株

タイ保健省は1月11日、新型コロナウイルスの状況は年が明けて2022年になってから、オミクロン株の症例が新規陽性者の大半を締めていると明らかにしました。

バンコクでの娯楽施設 2022年1月15日まで閉鎖を延長

バンコク都のアサウィン知事は12月29日、バンコク都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

CCSAが旅客機内のオミクロン株感染リスクは2~3倍になると警告

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12日23日、旅客機内での新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染リスクは、2~3倍になると警告しました。

タイ・ラオス友好橋の再開計画は延期

タイ東北部ノンカーイ県とラオスの首都ビエンチャンを繋ぐ、メコン川に架かる「タイ・ラオス友好橋」を再開する計画は、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の拡散を防ぐためのタイ政府の措置のために保留されました。

パタヤでのレストラン「スカイマウンテン」、新型コロナ対策違反で5度目の摘発

タイ東部チョンブリー県パタヤの警察パタヤ署は12月14日23時50分頃、南パタヤのバリハイ埠頭付近にあるタイ料理レストラン「スカイマウンテン」を急襲し、 新型コロナウイルス対策の法令に違反したとして摘発しました。

タイ保健当局 年明けのオミクロン株感染拡大を懸念

タイ保健省医学局のソムサク局長は12月14日、年明けから新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染が広がる恐れがあるとの見方を示すとともに、感染拡大を防ぐために国民に対し感染対策を徹底するよう呼びかけました。

Other news

タイ首相に、無罪判決で民主派反発

AFPによると、タイの憲法裁判所は2日、プラユット・チャンオーチャー首相が軍隊を退役後も陸軍官舎に居住していることにつ...

タイ航空、12月25日に国内線の運航を再開

バンコクポストによると、タイ国際航空はこのほど、12月25日に国内線の運航を再開すると発表しました。また、来年1月1日に...

「屋台のヒョウモンダコを注意!」タイ海洋・沿岸資源局が警告

2020年11月30日、タイのパトゥムターニー県で、食べると死に至る可能性のある猛毒のタコ、ヒョウモンダコが串焼きにされて...

ラプラオ五叉路で反政府デモ、12月2日午後4時頃から

在タイ日本国大使館によると、タイの民主派は本日2020年12月2日(水)午後4時頃から、バンコク都内のラプラオ五叉路で反政...

タイ国際航空、2021年1月から日本路線の一部を運航再開

タイ国際航空は2020年11月6日、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けての、日本=バンコク間の運航計画の変更を発表...

タイ 王室を中傷した疑い デモ隊5人が出頭

タイ 王室を中傷した疑い デモ隊5人が出頭、反政府デモが続くタイで、警察はデモ隊の中心メンバーなど男女5人に対し、王室...

帰国した際に隔離せず、チェンマイでタイ人女性が新型コロナ感染確認

帰国した際に隔離せず、チェンマイでタイ人女性が新型コロナ感染確認

タイで国王直属の軍部隊基地前で若者たちが抗議活動

タイで反政府デモを続ける若者たちは29日、ワチラロンコン国王直属の軍の部隊の基地の前で抗議活動を行い、軍隊を国民のも...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

タイ語講座

画家
จิตรกร ジッタラ ゴーン

祝日

ページトップへ