タイで国王直属の軍部隊基地前で若者たちが抗議活動

タイで国王直属の軍部隊基地前で若者たちが抗議活動

詳細

  タイで反政府デモを続ける若者たちは29日、ワチラロンコン国王直属の軍の部隊の基地の前で抗議活動を行い、軍隊を国民のもとに返すべきだなどと訴えました。王制改革を求める声は一層高まっていて、政権との間で緊張が続いています。

  NHKによると、タイでは29日、王制改革やプラユット首相の辞任などを求める若者たちを中心としたデモが続いています。バンコク首都内にある軍の第11歩兵連隊の基地の前で抗議活動が行われ、警察の発表でおよそ2000人が集まりました。

  この部隊は去年10月、勅令で指揮系統が陸軍から離れ、国王みずからが指揮権を持つようになっていて、デモ隊のリーダーたちは、「軍の指揮は、人々に選ばれた政府によって行われるべきで、国民主権の侵害だ。軍隊を国民のもとに返すべきだ。」などと訴えました。

  デモ隊は、要求の1つである憲法改正が議会で事実上、拒否されたことに反発を強めていて、王室の財産の管理や軍への関与の在り方など、王制改革を求める声が一層高まっています。

  一方、政権側は王室に対する中傷を禁じる不敬罪の適用も含め、デモを徹底的に取り締まる方針を示していて、緊張が続いています。

  デモに参加した16歳の男子高校生は「国王であってもその行為には透明性があるべきだし、批判されるべきだ。王制を改革して欲しい。」と話していました。

 

2020-11-30 20:44:09

Other news

11月27日午後4時頃から集会予定

バンコク都内、ラプラオ交差点でタイ反政府デモ、11月27日午後4時頃から集会予定

タイ反政府デモ現場で発砲事件

タイ反政府デモ現場で発砲事件、3人負傷、容疑者逮捕へ

タイ反政府デモ集会で銃声

タイ反政府デモ集会で銃声、参加者2人怪我、緊張高まる

タイ航空元会長に実刑2年の判決

タイ航空元会長に実刑2年の判決、300キロ分の超過手荷物料金を支払わず

タイを訪れる外国人観光客の急減

外国人観光客の入国の厳しい制限が続く中、タイ財務相は外国人観光客の入国数は激減すると予測しています。

バンコク都内のSCB本社前で政治集会

11月25日午後3時にバンコク都内のSCB本社前で政治集会が行われます。

タイ 7か月ぶり観光客受け入れ再開

タイでは、新型コロナウイルスの感染防止のため、外国人の入国を厳しく制限していて、感染が確認される人は1日10人以下と...

デモ隊の要求内容

タイで、16日に政権退陣や憲法改正、新たな選挙を求めるデモが行われ、参加者は1万人以上と、現首相による2014年の軍事ク...

タイ語講座
猿(さる)
ลิง ling
祝日
ページトップへ