タイ航空、12月25日に国内線の運航を再開

タイ航空、12月25日に国内線の運航を再開

詳細

  バンコクポストによると、タイ国際航空はこのほど、12月25日に国内線の運航を再開すると発表しました。また、来年1月1日には国際線も運航を再開します。

  再開する国内線は、バンコク―北部チェンマイ、バンコク―南部プーケットの2路線で、両路線とも週3往復(金、土、日)を運航します。運航スケジュールは2月28日までです。機材はボーイング777―200 ERを使用します。両路線は、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて4月2日から運航を中止しています。

  国際線については、先月に来年1月1日の再開を発表していました。再開するのは全てバンコク発着の路線で、香港線が毎日1往復、東京線が週3往復(月、水、土)です。この他にも週1往復で、シドニー線(日)、ソウル線(水)、マニラ線(木)、台北線(金)、大阪線(土)などを運航します。運航スケジュールは3月27日までです。

 

2020-12-03 17:21:52

Relate news

タイ航空、1~9月の純益が511億バーツに達す

経営破綻により会社更生手続中のタイ国際航空は11月15日、今年1~9月期の純益が511億バーツに達しました。

タイ国内線の利用に「デジタルヘルスパス」、ワクチン接種状況を証明

タイ保健省は9月8日、タイの民間航空局(CAAT)及びタイ航空協会(AAT)と、フライトでの「デジタルヘルスパス(Digital Health Pass)」の使用に関する契約に署名しました。

プーケット滞在の外国人旅行者 国内線欠航のためバスで移送

タイ南部の観光の島、プーケット県では観光再生のためワクチン接種済みの外国人観光客を受け入れる「プーケット・サンドボックス」というプログラムを実施していますが、これら外国人が感染対策の制限強化措置で足止めを食っていることから、8月3日から特例として外国人をプーケットからスワンナプーム空港にバスで移送することになりました。

タイ航空が2021年1月1日より国内線の運航再開を延期

タイ国際航空は2020年12月10日、当初2020年12月25日のクリスマスの日からの予定だった国内線の運航再開を、2020年1月1日に変更すると発表しました。

タイ航空元会長に実刑2年の判決

タイ航空元会長に実刑2年の判決、300キロ分の超過手荷物料金を支払わず

Other news

「屋台のヒョウモンダコを注意!」タイ海洋・沿岸資源局が警告

2020年11月30日、タイのパトゥムターニー県で、食べると死に至る可能性のある猛毒のタコ、ヒョウモンダコが串焼きにされて...

ラプラオ五叉路で反政府デモ、12月2日午後4時頃から

在タイ日本国大使館によると、タイの民主派は本日2020年12月2日(水)午後4時頃から、バンコク都内のラプラオ五叉路で反政...

タイ国際航空、2021年1月から日本路線の一部を運航再開

タイ国際航空は2020年11月6日、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けての、日本=バンコク間の運航計画の変更を発表...

タイ 王室を中傷した疑い デモ隊5人が出頭

タイ 王室を中傷した疑い デモ隊5人が出頭、反政府デモが続くタイで、警察はデモ隊の中心メンバーなど男女5人に対し、王室...

帰国した際に隔離せず、チェンマイでタイ人女性が新型コロナ感染確認

帰国した際に隔離せず、チェンマイでタイ人女性が新型コロナ感染確認

タイで国王直属の軍部隊基地前で若者たちが抗議活動

タイで反政府デモを続ける若者たちは29日、ワチラロンコン国王直属の軍の部隊の基地の前で抗議活動を行い、軍隊を国民のも...

11月27日午後4時頃から集会予定

バンコク都内、ラプラオ交差点でタイ反政府デモ、11月27日午後4時頃から集会予定

タイ反政府デモ現場で発砲事件

タイ反政府デモ現場で発砲事件、3人負傷、容疑者逮捕へ

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

バンコクの中華街、ヤワラートにある有名な第二級王室寺院

タイ語講座

テニス
เทนนิส ten-nis

祝日

ページトップへ