タイで過去1週間に確認された32%がデルタ変異株

タイで過去1週間に確認された32%がデルタ変異株

詳細

  タイ保健省医療科学局は、過去1週間に確認された新型コロナウイルス陽性者の32%からデルタ変異株(インド型)が検出されており、その殆どが首都バンコクと周辺県で確認されたと報告しました。

  バンコクでは新型コロナウイルス陽性者の52%からデルタ変異株が検出されており、多くがバンコク北部ですが、全ての地区で見られます。 またタイ南部を含む、47県でも発見されています。

  ベータ変異株(南アフリカ型)は、先週に50例が増加。スラタニ、ナコンシータマラート、クラビで確認されていますが、依然としてナラティワートがほとんどです。バンコクでも2例確認されましたが、それらはナラティワートの患者との接触によるものでした。

  一方、チュラロンコン大学ヨン・プーウォラワン博士は、近いうちにタイの主要な株はアルファ変異株(英国型)からデルタ変異株に置き換わると述べました。ウイルスの変異が続いているため、どのようなレジメンがより強い免疫反応を引き起こすかについては、研究が必要とのことです。

2021-07-08 19:01:55

Other news

タイ政府がファイザー製ワクチン2千万回分の輸入を承認

タイ政府は7月6日の閣議でファイザー・ビオンテック性新型コロナウイルスワクチンを2000万回分購入することを承認するとと...

MindaRyn、TVアニメ「転スラ第2期」第2部OP主題歌の先行配信開始

Yoshimoto Entertainment(Thailand)に所属するアニソンシンガー MindaRynのセカンドシングル「Like Flames」の先行配信...

プーケット・サンドボックス、 UAEからの旅行者が新型コロナ陽性

7月1日からプーケット県で開始した観光再開プログラムの「プーケット・サンドボックス」。新型コロナウイルスワクチン接種...

バンコク近郊のプラスチック工場で爆発火災、6日にようやく鎮火

バンコク南郊サムットプラカーン県バンプリー区のプラスチック工場で発生した爆発火災は、6日午後6時半ごろ、ようやく鎮火...

バンコク近郊の化学工場火災は鎮火 1人のボランティアが死亡

バンコク近郊のサムットプラカーン県バンプリー区バーンケーオのキンケウ通りソイ21にある、台湾系のミンディケミカル社(...

プラユット首相がプーケットで濃厚接触 自宅待機1週間

プーケット県ではワクチン接種済みの外国人については隔離措置を免除する「プーケット・サンドボックス」という観光再開プ...

東京五輪女子セーリング競技に出場したタイ代表のカモンワン・ジャンイム選手

来月東京で行われる東京オリンピック・パラリンピックの開催をひかえ、在京タイ王国大使館では、タイ代表選手を紹介するプ...

発泡プラスチック工場で発火、化学薬品タンクに火災が広がる恐れで半径5~10キロで避難

7月5日午前3時10時頃、サムットプラカーン県バンプリー区バーンケーオのキンケウ通りソイ21にあるMINGTY CHEMICAL社の発泡...

タイ語講座
土曜日
วันเสาร์ ワン サオ
祝日
ページトップへ