タイ当局、米モデルナの新型コロナワクチン承認

タイ当局、米モデルナの新型コロナワクチン承認

詳細

  タイ保健省 食品・薬品委員会事務局(FDA)は5月13日、アメリカのモデルナ社製新型コロナウイルスワクチン「mRNA-1273」を承認したと明らかにしましたす。

  ズエリグ・ファーマ社によってタイに輸入されたモデルナ社製新型コロナウイルスワクチン「mRNA-1273」は、安全性、品質、有効性が認定されており、5月13日付けでタイでの使用が承認されています。

  これでタイで承認された新型コロナウイルスワクチンは、アストラゼネカ社、シノバック社、ジョンソン・エンド・ジョンソン社に続いて、モデルナ社製が4つ目となりました。

2021-05-14 21:25:44
Comment
Add Comment

コメント情報なし

Relate news

タイ政府 新型コロナ対策の非常事態宣言を9月30日に解除 観光産業の活性化

タイ保健当局は9月23日、新型コロナウイルスの対策として2020年から実施した非常事態宣言を9月30日に解除すると発表しました。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

タイでは新型コロナ新規陽性者の7割がオミクロン株

タイ保健省は1月11日、新型コロナウイルスの状況は年が明けて2022年になってから、オミクロン株の症例が新規陽性者の大半を締めていると明らかにしました。

タイの54都県でオミクロン株確認 累計2062人

タイ保健省は1月4日、タイで新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者が2021年11月1日から2022年1月3日まで2062人確認されたと発表しました。そのうち、1105人が入国・帰国者、957人が国内感染で、54都県で感染者が確認されました。

バンコクでの娯楽施設 2022年1月15日まで閉鎖を延長

バンコク都のアサウィン知事は12月29日、バンコク都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

CCSAが旅客機内のオミクロン株感染リスクは2~3倍になると警告

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12日23日、旅客機内での新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染リスクは、2~3倍になると警告しました。

タイ・ラオス友好橋の再開計画は延期

タイ東北部ノンカーイ県とラオスの首都ビエンチャンを繋ぐ、メコン川に架かる「タイ・ラオス友好橋」を再開する計画は、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の拡散を防ぐためのタイ政府の措置のために保留されました。

パタヤでのレストラン「スカイマウンテン」、新型コロナ対策違反で5度目の摘発

タイ東部チョンブリー県パタヤの警察パタヤ署は12月14日23時50分頃、南パタヤのバリハイ埠頭付近にあるタイ料理レストラン「スカイマウンテン」を急襲し、 新型コロナウイルス対策の法令に違反したとして摘発しました。

Other news

ワクチン接種の不安を煽る虚偽情報に政府機関が法的措置

デジタル経済社会省は、新型コロナワクチンに関する虚偽情報を流布したとして、テレビ局の報道編集助手など3人を警察に訴...

今日の新規陽性者が4887人に急増、バンコクの刑務所で大規模感染

新型コロナウイルス感染症対策センターは5月13日、新型コロナのの新たな感染確認者が4887人に急増した事を発表しました。...

タイ全国60万人の教師らにワクチン接種予定

タイは今年、新型コロナウイルス第3波に見舞われ、通常5月初旬から始まる新学期が、6月1日からに変更されました。タイ教育...

タイ保健当局がバンコク都民の7割にワクチン接種目標をかかげる

タイ政府の新型コロナワクチン管理小委員会の長を務めるソポン保健相補佐によると、タイ保健当局はこの2カ月のうちにバン...

モデル事務所社長と偽り性犯罪を繰り返した男を逮捕

警察によれば5月11日、モデル事務所を経営していると偽って女性に接近しては性犯罪を繰り返していた男(39歳)をバンコク...

パキスタン・バングラデシュ・ネパールからのタイ入国を禁止

タイ外務省は5月10日、パキスタン・バングラデシュ・ネパールで、全ての外国人への入国許可証(COE)の発行を一時停止した...

タイでインド型の変異株を初めて確認

新型コロナウイルス感染症対策センターは25月10日、タイで初めて、インドで最初に見つかった「B.1.617.1」と呼ばれる新型...

タイで4月1日~5月7日、医療従事者512人が感染

新型コロナウイルス感染症対策センターによれば、今年4月1日から5月7日までに合計512人の医療従事者が新型コロナウイルス...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

タイ語講座

แกะ ゲェ

祝日

ページトップへ