タイで4月1日~5月7日、医療従事者512人が感染

タイで4月1日~5月7日、医療従事者512人が感染

詳細

  新型コロナウイルス感染症対策センターによれば、今年4月1日から5月7日までに合計512人の医療従事者が新型コロナウイルスに感染したということです。感染者が訪れた病院などで症状を正確に伝えず、対応した医療従事者が感染の恐れのあることを知らずに感染者に接したというのが主な理由とのことです。

  また、感染した医療従事者512人のうち、症状が出たのが56%に当たる285人で、これまでの感染拡大の波に比べて無症状者が少ない傾向にあるのが特徴です。感染者の内訳は、看護師が最も多く全体の35%、次いで医師が10%、歯科医師が5%などです。

 

2021-05-10 19:10:12

Relate news

タイ政府 新型コロナ対策の非常事態宣言を9月30日に解除 観光産業の活性化

タイ保健当局は9月23日、新型コロナウイルスの対策として2020年から実施した非常事態宣言を9月30日に解除すると発表しました。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

タイでは新型コロナ新規陽性者の7割がオミクロン株

タイ保健省は1月11日、新型コロナウイルスの状況は年が明けて2022年になってから、オミクロン株の症例が新規陽性者の大半を締めていると明らかにしました。

バンコクでの娯楽施設 2022年1月15日まで閉鎖を延長

バンコク都のアサウィン知事は12月29日、バンコク都内における防疫措置に関する「バンコク都告示第48号」を発表しました。

CCSAが旅客機内のオミクロン株感染リスクは2~3倍になると警告

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12日23日、旅客機内での新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染リスクは、2~3倍になると警告しました。

タイ・ラオス友好橋の再開計画は延期

タイ東北部ノンカーイ県とラオスの首都ビエンチャンを繋ぐ、メコン川に架かる「タイ・ラオス友好橋」を再開する計画は、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の拡散を防ぐためのタイ政府の措置のために保留されました。

パタヤでのレストラン「スカイマウンテン」、新型コロナ対策違反で5度目の摘発

タイ東部チョンブリー県パタヤの警察パタヤ署は12月14日23時50分頃、南パタヤのバリハイ埠頭付近にあるタイ料理レストラン「スカイマウンテン」を急襲し、 新型コロナウイルス対策の法令に違反したとして摘発しました。

タイ保健当局 年明けのオミクロン株感染拡大を懸念

タイ保健省医学局のソムサク局長は12月14日、年明けから新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染が広がる恐れがあるとの見方を示すとともに、感染拡大を防ぐために国民に対し感染対策を徹底するよう呼びかけました。

Other news

タイ製ワクチン、欧州・米国の研究機関の品質検査に合格

アストラゼネカ社(タイ王国)は5月9日、タイでサイアム・バイオサイエンスが製造しているアストラゼネカの新型コロナワク...

ワクチン接種で重い副反応が出た場合は見舞金提供

国民医療保障事務所(NHSO)は、新型コロナワクチンの接種を受けて重い副反応が出た場合に見舞金を提供することを決めまし...

タイ観光局が「ワクチンツアー」という言葉について警告する

タイ王国観光・スポーツ省観光局は5月5日、旅行会社に対して「ワクチンツアー」という言葉を宣伝文句などで使わないように...

バンコク・クローントゥーイ区でクラスター、集団ワクチン接種で拡大食い止め

バンコク都クローントゥーイ区にあるスラム街で新型コロナのクラスターが発生していることから、政府はこのスラムでの感染...

タイ政府が在タイ外国人への無料ワクチン接種計画を否定

タイ保健省は5月4日、「タイ在住の外国人の一部も新型コロナワクチンの無料接種を予約することができるとの情報があるが、...

オンラインでワクチン接種の予約受付を開始

オンラインでの新型コロナワクチン接種の予約受付が5月1日に開始されたが、申し込みが殺到してシステムが一時ダウンする事...

スワンナプーム空港、チェックインカウンターをワクチン接種場に変更

バンコクの空の玄関であるスワンナプーム国際空港は、チェックインエリアの一部を、職員のための新型コロナウイルスワクチ...

タイコメディアンのコーム・チュアンチューンさん、新型コロナで死去

コメディアンで俳優のコーム・チュアンチューンさんが4月30日朝、バンコクのラマティボディ病院で死去しました。63歳でした。

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

タイ語講座

11月
พฤศจิกายน プルッサチガーヨン

祝日

ページトップへ