スワンナプーム空港、チェックインカウンターをワクチン接種場に変更

スワンナプーム空港、チェックインカウンターをワクチン接種場に変更

詳細

  バンコクの空の玄関であるスワンナプーム国際空港は、チェックインエリアの一部を、職員のための新型コロナウイルスワクチン接種場に変更しました。

  現在スワンナプーム空港の到着客数は1日1,000人と少なく、その内訳は外国人が60%、タイ人が40%となっています。多くの国際便が運航していないことから、利用されていないエリアも多数です。

  そこでチェックインエリアの一部を、3万人に及ぶ航空会社の社員、空港職員、入国審査官、税関職員、貨物係員、清掃員など空港で働く人たちのためのワクチン接種場としました。チェックインカウンターで受付を行ない、カウンターの裏で接種を行なっています。

  1日最大1,000人が接種でき、5月2日現在、3,400人が2回のワクチン接種を受けたとのことです。

2021-05-05 16:57:18

Relate news

サーモン食べ放題のバウチャー詐欺 オーナーをスワンナプーム空港で逮捕

6月22日、タイにある大手デパートでたくさんの支店がある有名な「だるま寿司」の店のオーナーであるメーター・シャリンスック氏(42歳)が、バンコクのスワンナプーム国際空港で逮捕されました。

タイ入国前のRT-PCR検査の撤廃、外国人旅行者が急増

4月1日よりタイ入国前のRT-PCR検査が撤廃されてから、外国人旅行者が以前と比べて著しく急増していきて、スワンナプーム空港の活気を与えています。

ウクライナから帰国した最初の38人のタイ人、3人が新型コロナ陽性

アヌティン・チャーンビラクル副首相兼保健相は、ウクライナで働いていた193人のタイ人は、最初の38人が3月2日にスワンナプーム空港に到着しました。

「テスト・アンド・ゴー」再開初日 約2500人の旅行者が入国

隔離なし入国プログラム「テスト・アンド・ゴー」再開初日の1月1日、スワンナプーム空港では約2500人の外国人旅行者が入国しました。

スワンナプーム空港職員 新型コロナワクチン4回目接種

スワンナプーム空港のキティポン空港長は1月30日、2月1日に観光促進を目的とした入国制限緩和プログラム「テスト・アンド・ゴー」が再開されることに伴い、スワンナプーム空港で働く約2万5000人全員が2月中に新型コロナワクチンの4回目の接種を受ける見通しという。

スワンナプーム空港の拡張工事が承認 2025年3月に新拡張エリアがオープン

タイ運輸省サックサイアム大臣は、「東部拡張プロジェクト」とも呼ばれるこの強化プロジェクトにより、空港の処理能力が現在の年間最大4500万人から6500万人に増加することを明らかにしました。内閣は既にこのプロジェクトを承認し、2022年7月に業者選定のための入札が開始される予定です。

タイ再開国から1週間、15人の外国人に陽性反応

タイ保健当局によると、11月1日からのタイ再開国で外国人観光客の訪タイとタイ人の帰国が増えていますが、11月8日までに空路でタイを訪れた外国人のうち15人が検査で新型コロナに感染していることが判明したという。陽性者は入国者全体の0.007%に当たります。

タイ再開国の初日、2,424人の旅行者がスワンナプーム空港に到着

タイは2021年11月1日より再開国。日本を含む63の国と地域から空路で入国する新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者の、隔離無しでの受け入れを開始しました。

Other news

タイコメディアンのコーム・チュアンチューンさん、新型コロナで死去

コメディアンで俳優のコーム・チュアンチューンさんが4月30日朝、バンコクのラマティボディ病院で死去しました。63歳でした。

野党6党がプラユット首相の退陣を要求

野党6党は4月28日、新型コロナの感染拡大を食い止めることに失敗したなどの理由でプラユット首相の即時辞任を求めるとの共...

ハートヤイ・キムヨン市場を3日間閉鎖、女性商人が新型コロナ感染で

タイ南部ソンクラー県ハートヤイにある食料から日用品まで揃うキムヨン市場は、毎日沢山の人で賑わいますが、この場所で化...

アストラゼネカの新型コロナワクチン、タイの製造設備が認可取得

英製薬大手アストラゼネカは28日、同社製の新型コロナウイルスワクチンをタイで製造する予定のサイアムバイオサイエンス社...

プラユット首相、「私の陰口をたたいた閣僚は放逐する」

プラユット首相は4月27日、閣議の席上、名前を挙げなかったものの、「首相の陰口をたたいている閣僚がいる」と指摘し、こ...

新学期開始の延期決定、5月17日から6月1日に

トリーヌット教育相は4月27日、新型コロナの感染者増加が続いていることから、教育省が新学期の開始を当初予定の5月17日か...

ワクチン接種後に女性死亡、保健省が死因究明を約束

中部サムットサーコーン県で4月23日、中国シノバック社製ワクチンの2回目の接種を2日前に受けた24歳の女性が死亡したこと...

プラユット首相、マスク不着用で6000バーツの罰金支払い

バンコク都庁は規則を設けて都民に外出時にマスクを着用することを義務づけていますが、プラユット首相がこれに違反し、6...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

タイ語講座

エアポート・レール・リンク
รถไฟฟ้าแอร์พอร์ต เรล ลิงก์ ロッド ファイ ファ― エアポート レール リンク

祝日

ページトップへ