アストラゼネカの新型コロナワクチン、タイの製造設備が認可取得

アストラゼネカの新型コロナワクチン、タイの製造設備が認可取得

詳細

  英製薬大手アストラゼネカは28日、同社製の新型コロナウイルスワクチンをタイで製造する予定のサイアムバイオサイエンス社のワクチン製造設備がタイ食品薬品委員会の承認を得たと発表した。6月の供給開始を目指します。

  サイアムバイオサイエンスはアストラゼネカの新型コロナワクチンの東南アジアで唯一の製造拠点となります。年内にタイ国内にワクチン6100万回分を供給するほか、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国に輸出する見通しです。

  サイアムバイオサイエンスはタイ王室が全額出資する製薬会社で、タイの野党の一部は同社とアストラゼネカが契約した経緯や契約の内容が不透明だと批判しています。

2021-04-29 18:12:09

Relate news

タイ保健相 ワクチン6回目接種したもののコロナに感染

6月28日、アヌティン・チャーンビラクル副首相兼保健相が、新型コロナウイルスの感染が確認されました。

タイ保健省 3歳以上の子供へのコロナワクチン使用を承認

タイ保健省疾病管理局オーパース局長は2月1日、ワクチンが小児および青年に有効かつ安全であることを示す研究を検討した結果、3歳から17歳までの未成年者にシノバック製ワクチンの接種を許可することで小委員会が合意したことを明らかにしました。

タイ国立大学医学部長「今のところ4回目のコロナワクチン接種は不要」

新型コロナは感染力の強いオミクロン株の出現で世界的に3回目のワクチン接種を進める動きが出ていますが、シリラート病院医学部のプラシット学部長は1月26日、「大半の人にとって4回目のワクチン接種は必要がない」と指摘しました。

タイの54都県でオミクロン株確認 累計2062人

タイ保健省は1月4日、タイで新型コロナウイルスのオミクロン株の感染者が2021年11月1日から2022年1月3日まで2062人確認されたと発表しました。そのうち、1105人が入国・帰国者、957人が国内感染で、54都県で感染者が確認されました。

今週中にシノバック製ワクチン接種が終了

タイでは2020年2月から、医療従事者をはじめとした感染リスクの高い人々に、シノバック製ワクチンを接種して来ました。現在は、既にシノバック製ワクチンを2回接種した人々に3回目として他社製ワクチンを接種しており、シノバック製ワクチンを1回接種した人々にもアストラゼネカ製ワクチンの接種を行っています

日本政府がタイに酸素濃縮器868台寄贈

タイでは、感染力が強い「デルタ株」が広がっていて、この2か月あまり、1日の死者の数が100人から300人の日が続くなど深刻な状況となっています。

ラーチャブリー県で40歳男性がワクチン接種後に心停止で死亡

タイ西部ラチャブリ県で先に新型コロナワクチンの追加接種を受けたボランティア救急隊員の男性(40歳)が死亡し、接種との関連が取りざたされていましたが、解剖の結果、心停止が死因とみられることが9月19日までにわかりました。男性の遺体はラチャブリ病院で解剖が行われましたが、同病院の医師によれば、冠動脈がふさがった状態の心筋梗塞であり、これによって心筋が壊死して死亡したという。

タイ政府、中国シノバック製ワクチンを42億5000万バーツで購入決定

タイ政府は9月7日の閣議で中国シノバック製新型コロナワクチン1200万回分を42億5000万バーツで購入することを承認しました。タナコン政府報道官によれば、このワクチンは基礎疾患のある人、60歳以上の人、感染者に接触する可能性のある仕事に当たっている人など感染・重症化のリスクの高い人々に接種される予定です。

Other news

プラユット首相、「私の陰口をたたいた閣僚は放逐する」

プラユット首相は4月27日、閣議の席上、名前を挙げなかったものの、「首相の陰口をたたいている閣僚がいる」と指摘し、こ...

新学期開始の延期決定、5月17日から6月1日に

トリーヌット教育相は4月27日、新型コロナの感染者増加が続いていることから、教育省が新学期の開始を当初予定の5月17日か...

ワクチン接種後に女性死亡、保健省が死因究明を約束

中部サムットサーコーン県で4月23日、中国シノバック社製ワクチンの2回目の接種を2日前に受けた24歳の女性が死亡したこと...

プラユット首相、マスク不着用で6000バーツの罰金支払い

バンコク都庁は規則を設けて都民に外出時にマスクを着用することを義務づけていますが、プラユット首相がこれに違反し、6...

バンコクの新型コロナ感染場所、遊興施設が最多

タイの新型コロナウイルス感染症対策センターはこのほど、バンコクの新型コロナの感染場所・感染確認場所に関する報告を明...

中国から新たに新型コロナワクチン50万回分を調達

4月24日、中国から新たにシノバック社製新型コロナワクチン50万回分がタイに届けられました。これを含めタイがこれまでに...

プラユット首相はタクシン元首相のワクチン調達で支援申し出を無視

タイでは新型コロナワクチンの接種があまり進んでいないことから政府を批判する声が出ています。このなか、事実上の亡命生...

タイ保健省「シノバック製ワクチンは安全」、一方で疑問視する医師も

中国のシノバック・バイオテック社製ワクチンの接種を受けた人のうち7人に脳梗塞のような症状が出たと国立チュラロンコン...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

タイ語講座

ごめんなさい。
ขอโทษ コォー トート

祝日

ページトップへ