新学期開始の延期決定、5月17日から6月1日に

新学期開始の延期決定、5月17日から6月1日に

詳細

  トリーヌット教育相は4月27日、新型コロナの感染者増加が続いていることから、教育省が新学期の開始を当初予定の5月17日から6月1日に延期すると決めたことを明らかにしました。

  この件については先に省内で検討が行われ、感染拡大が学校での授業などの教育活動に影響を及ぼす恐れがあり、また、学生の保護者たちも校内での感染などに懸念を強めていることから、当初の予定より半月ほど新学期開始を遅らせることで意見が一致したとのことです。

2021-04-28 21:19:22

Other news

ワクチン接種後に女性死亡、保健省が死因究明を約束

中部サムットサーコーン県で4月23日、中国シノバック社製ワクチンの2回目の接種を2日前に受けた24歳の女性が死亡したこと...

プラユット首相、マスク不着用で6000バーツの罰金支払い

バンコク都庁は規則を設けて都民に外出時にマスクを着用することを義務づけていますが、プラユット首相がこれに違反し、6...

バンコクの新型コロナ感染場所、遊興施設が最多

タイの新型コロナウイルス感染症対策センターはこのほど、バンコクの新型コロナの感染場所・感染確認場所に関する報告を明...

中国から新たに新型コロナワクチン50万回分を調達

4月24日、中国から新たにシノバック社製新型コロナワクチン50万回分がタイに届けられました。これを含めタイがこれまでに...

プラユット首相はタクシン元首相のワクチン調達で支援申し出を無視

タイでは新型コロナワクチンの接種があまり進んでいないことから政府を批判する声が出ています。このなか、事実上の亡命生...

タイ保健省「シノバック製ワクチンは安全」、一方で疑問視する医師も

中国のシノバック・バイオテック社製ワクチンの接種を受けた人のうち7人に脳梗塞のような症状が出たと国立チュラロンコン...

プラユット首相はワクチン接種遅延批判に反論

新型コロナの感染再拡大でタイ国民の間に不安感が強まる中、政府のワクチン計画に対し、「調達に時間がかかりすぎている」...

シノバック製ワクチン接種でタイ人女性6人が副反応

タイ保健省は4月20日、タイ東部ラヨーン県で新型コロナウイルスワクチンを接種した6人の女性が、副反応で部分的な麻痺を起...

タイ語講座
ワゴン車
รถตู้ ロッド トゥー
祝日
ページトップへ