詳細

バンコク都庁、規制緩和を検討の方針

詳細

バンコク都庁(BMA)は、タイ国内で新型コロナウイルスの感染拡大が減少傾向にある事を受けて、規制緩和を検討していきたい考えを説明しました。

ただしバンコク都庁 は、検討のための条件として、今後2週間にわたり感染者数が減少し、他の県でも感染が抑えられている状況になれば、規制緩和や解除を検討したいという考えを説明しています。

バンコク都庁のポンサコーン・クワンムアン警察中佐は、現在は人が集まるイベントなどは禁止されているため、バンコク都の感染状況は、今後は改善していく可能性が高いという考えを説明しています。

また、ポンサコーン警察中佐はバンコク都の中で、これまでに陽性が確認された方の感染経路と、発生したクラスター(集団)感染の状況について、現在も注視している事を説明しています。

2021-01-14 18:18:19

Other news

バンコクのBTS、社会的距離のために運行頻度を上げる

BTS(スカイトレイン)のCEOであるスラポン・ラオハアンヤー氏は、新形コロナウイルス感染拡大による乗客の減少にもかかわ...

コロナ対策、3500バーツを困窮者に給付

タイのプラユット首相は1月13日、特に厳重管理地域に指定されている5県をはじめ、事業閉鎖命令による経済的被害が大きいエ...

バンコク内の違法賭博場5カ所を一斉検挙

タイ警察は1月8日から9日、違法賭博を行っている疑いのあるバンコク内の5カ所について強制捜査を行いました。

プーケット県内の娯楽施設は深夜0時以降の営業を禁じる

プーケット県知事は2021年1月11日、プーケット県内の居酒屋、パブ、バー、カラオケ会場などの娯楽施設は深夜0時以降の営業...

2月にタイに届く中国製ワクチンに不安の声が上がっている

タイの政府は複数の供給元から新型コロナウイルスのワクチンを入手し国民に接種する方針を発表しました。その一方で、中国...

パタヤのマンションで違法賭博場を摘発し、21人逮捕

タイ警察は1月9日、チョンブリー県パタヤ市郊外にある「Espana」マンションに開設された違法賭博場を摘発し、現場にいた中...

プラユット首相、「今年中に国民の半数にワクチン無料接種」

プラユット首相は1月6日、「今年中に国民の半数が無料で新型コロナワクチンの接種を受けることができる」と改めて説明しま...

アプリ「モーチャナ」の件について謝罪と訂正

新型コロナウイルス状況管理センターのスポークスマンタウィーシン博士は6日に、危険エリアへ行く人が「モーチャナ」とい...

タイ語講座
何時まで開いてますか?
ร้านเปิดถึงกี่โมง ran-pued-tung-gee-mong
祝日
ページトップへ