ワット・セーナーサナラーム

ワット・セーナーサナラーム

一般情報

ワット・セーナーサナラームは、アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院です。
1767年のビルマによる軍事侵攻により、アユタヤ王朝が滅亡した際に放棄され、長い間、放置されていたものを現チャクリー王朝第4代「ラーマ4世」によって1863年に再建され、修道院学校としての役割を担っていました。
その後も「ラーマ5世」によって、さらに改修が施され、現在に至ります。
アユタヤ王朝当時の姿は残っていませんが、寺院内には礼拝堂、メインチェーディー(仏塔)、叙階ホールといった基本的な建築構造は受け継がれており、常に多くのお坊さんが修行をされている非常に美しい寺院でもあります。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

08:00~17:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約5分 (約2km)

住所 / 地図

住所

101 Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3634853, 100.5736421

Nearby attractions

ワット・ヤイチャイモンコン(วัดใหญ่ชัยมงคล)

ワット・ヤイチャイモンコン(วัดใหญ่ชัยมงคล)

1357年にアユタヤ王朝初代ウートン王により建てられた寺院

()
no image

チェディ・シー・スリヨータイ

白象王の異名を持つ17代チャクラパット王の妃の遺骨が眠る仏塔

()
no image

ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

()
no image

ワット・タンマラーム

チャオプラヤー川沿いにある静かで厳かな雰囲気のある現存仏教寺院

()
no image

ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

()
no image

ワット・ターカーローン

1549年にアユタヤ王朝時代に建てられた古い寺院

()
no image

ワット・カサッティラート・ウォラウィハーン

チャオプラヤー川沿いにある美しい現存寺院

()
no image

日本人村(หมู่บ้านญี่ปุ่น)

16~18世紀頃数千人の日本人がアユタヤに暮らしていた村

()
no image

ワット・プーカオトーン

1569年、ビルマのバイナウン王がアユタヤを占領した時に建てた高さ80mを誇る寺院

()
ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

()
no image

ゴンコーン市場(ตลาดโก้งโค้ง)

アユタヤ時代の古き雰囲気を感じさせる市場

()
no image

プラサート・ナコンルアン

世界遺産に指定されている「古都アユタヤ」の遺跡群から離れた「ナコンルアン郡」にある現存仏教寺院遺跡

()

タイ語講座

バス
รถเมล์ ロッド メー

祝日

ページトップへ