ワット・タンマラーム

ワット・タンマラーム

一般情報

ワット・タンマラームは、アユタヤ旧市街の島の外、西側に位置し、チャオプラヤー川沿いにある静かで厳かな雰囲気のある現存仏教寺院です。
寺院の敷地内には、スリランカ様式のメインチェーディー(仏塔)やサブチェーディー(仏塔)をはじめ、礼拝堂やアユタヤ王朝から残る古いレンガ壁などがあり、敬虔なタイ人の方が訪れ、祈りを捧げている場所でもあります。
アユタヤ王朝年代記にも、その名が記載されている由緒ある仏教寺院遺跡で、第19代「マヒンタラーティラート王」が統治する時代、1569年にビルマ(現在のミャンマー)がアユタヤに軍事侵攻した際、ビルマ軍の駐屯地となっていたとの記載も残っており、この記述からアユタヤ王朝中期に建立されたと考えられています。
その後、アユタヤ王朝が独立を果たした後のアユタヤ王朝後期、第34代「ボーロマコート王」の統治時代、この「ワット・タンマラーム」の高僧である「プラウバリー」と「プラアリヤムニ」が王の命を受けて、スリランカに渡り、仏教の普及に努めたという記述が残っており、タイの仏教と深い繋がりがることも分かっています。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

08:00~17:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約10分 (約4km)

住所 / 地図
住所

Moo 6 Tambon Ban Pom, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3539845, 100.5459386

Nearby attractions

no image
チェディ・シー・スリヨータイ

白象王の異名を持つ17代チャクラパット王の妃の遺骨が眠る仏塔

no image
ワット・カサッティラート・ウォラウィハーン

チャオプラヤー川沿いにある美しい現存寺院

no image
ワット・ターカーローン

1549年にアユタヤ王朝時代に建てられた古い寺院

ワット・ロカヤスタラーム
ワット・ロカヤスタラーム

広大な草原に悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏

no image
ワット・ウォーラチェーターラーム

アユタヤ王朝第22代目のエーカートッサロット王によって建てられた寺院

no image
ミリオントイ博物館

無数のおもちゃが館内に展示されている現代的博物館

no image
ウィハーン・プラモンコンボピット

1603年にラーマティボディ2世により造られた、タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂

ワット・チャイワッタナラーム
ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

タイ語講座
空港
สนามบิน sa-naam-bin
スワンナプーム空港
สนามบินสุวรรณภูมิ sa-naam-bin-suwan-na-puum
祝日
ページトップへ