ワット・チュンター

ワット・チュンター

一般情報

ワット・チュンターは、チャオプラヤー川とパーサック川に囲まれたアユタヤ旧市街の島の外にあり、現在もお坊さんが修行されている仏教寺院となります。
1767年のビルマからの軍事侵攻によって破壊されるまで、クメール様式のメインパゴタや礼拝堂、数多くのチェーディー(仏塔)などを備えた立派な寺院で人々の信仰を集めていたといわれています。
寺院内はクメール様式のメインパゴタを中心に破壊された仏教遺跡も混在しており、その他にも歴史的に価値のある壁画を見れるなど、オススメの仏教寺院です。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

07:00~17:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約5分 (約2.5km)

住所 / 地図
住所

Lum Phli, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3621396, 100.5554081

Nearby attractions

no image
ミリオントイ博物館

無数のおもちゃが館内に展示されている現代的博物館

no image
ワット・ナープラメン

幾度にもおよんだビルマ軍の破壊からも奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院

no image
ワット・ウォーラチェーターラーム

アユタヤ王朝第22代目のエーカートッサロット王によって建てられた寺院

no image
ワット・タンミカラート

タイのアユタヤ歴史公園の北側にある仏教寺院の遺跡

ワット・プラシーサンペット
ワット・プラシーサンペット

ボロムトライロッカナート王時代の1491年に建立された、アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院

no image
ウィハーン・プラモンコンボピット

1603年にラーマティボディ2世により造られた、タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂

ワット・ロカヤスタラーム
ワット・ロカヤスタラーム

広大な草原に悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏

ワット・プララーム
ワット・プララーム

1369年、ラメスワン王によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院

タイ語講座
カオソーイ
ข้าวซอย khao-soi
祝日
ページトップへ