ワット・プーカオトーン

ワット・プーカオトーン

一般情報

ワット・プーカオトーンは、1569年、ビルマのバイナウン王がアユタヤを占領した時に建てた高さ80mを誇る寺院です。
当初はビルマ様式でしたが、その後アユタヤ王朝を再興したナレスワン王がタイ様式に改め、現在の塔は1754年に建造されました。
1956年には仏歴25世紀を祝って頂上に2.5kgの黄金の珠が付けられ、別名「黄金の仏塔寺院」と呼ばれています。
最頂部が約80~90mの高さを誇る白く輝く仏塔が一番の見どころで、一般の方が登れるのは高さ約50mのテラスまでとなります。
仏塔の50m地点からは、アユタヤの田園地帯を見渡すことが可能で、その大きさを実感することができます。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

8:00~17:00

アクセス

BTSナショナルスタジアム駅もしくはMRTファランポーン駅からタクシーで行く。

住所 / 地図
住所

Moo 2, 153 Phu Khao Thong, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, 13000

14.3690672, 100.5397832

Nearby attractions

no image
ワット・ターカーローン

1549年にアユタヤ王朝時代に建てられた古い寺院

no image
ミリオントイ博物館

無数のおもちゃが館内に展示されている現代的博物館

no image
ワット・タンマラーム

チャオプラヤー川沿いにある静かで厳かな雰囲気のある現存仏教寺院

no image
ワット・チュンター

アユタヤ旧市街の島の外にある仏教寺院

no image
ワット・ウォーラチェーターラーム

アユタヤ王朝第22代目のエーカートッサロット王によって建てられた寺院

no image
チェディ・シー・スリヨータイ

白象王の異名を持つ17代チャクラパット王の妃の遺骨が眠る仏塔

no image
ワット・カサッティラート・ウォラウィハーン

チャオプラヤー川沿いにある美しい現存寺院

ワット・ロカヤスタラーム
ワット・ロカヤスタラーム

広大な草原に悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏

タイ語講座
ドラム
กลอง glong
ドラムを叩く
ตีกลอง tii-glong
祝日
ページトップへ