ワット・プーカオトーン

ワット・プーカオトーン

一般情報

ワット・プーカオトーンは、1569年、ビルマのバイナウン王がアユタヤを占領した時に建てた高さ80mを誇る寺院です。
当初はビルマ様式でしたが、その後アユタヤ王朝を再興したナレスワン王がタイ様式に改め、現在の塔は1754年に建造されました。
1956年には仏歴25世紀を祝って頂上に2.5kgの黄金の珠が付けられ、別名「黄金の仏塔寺院」と呼ばれています。
最頂部が約80~90mの高さを誇る白く輝く仏塔が一番の見どころで、一般の方が登れるのは高さ約50mのテラスまでとなります。
仏塔の50m地点からは、アユタヤの田園地帯を見渡すことが可能で、その大きさを実感することができます。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

8:00~17:00

アクセス

BTSナショナルスタジアム駅もしくはMRTファランポーン駅からタクシーで行く。

住所 / 地図

住所

Moo 2, 153 Phu Khao Thong, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, 13000

14.3690672, 100.5397832

Nearby attractions

no image

アユタヤ・エレファント・キャンプ

タイの中心部アユタヤにある象乗り体験のできるスポット

()
ワット・プララーム

ワット・プララーム

1369年、ラメスワン王によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院

()
ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

()
no image

チャオサムプラヤー国立博物館

アユタヤの寺院から発見された黄金の仏像、木彫りの扉、仏像など多数を展示する貴重な資料館

()
ワット・ラーチャプラディットサターン(วัดราชประดิษฐาน)

ワット・ラーチャプラディットサターン(วัดราชประดิษฐาน)

アユタヤの北側、ウートン通り沿いにある古い寺院

()
ワット・ラチャブラナ(วัดราชบูรณะ)

ワット・ラチャブラナ(วัดราชบูรณะ)

1424年にアユタヤ王朝の王サームプラヤーに建設された寺院

()
no image

ワット・メーナーンプルーン

アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院

()
no image

象柵跡

アユタヤ王朝が野生象を集めて検分していた施設

()
ワット・マハタート(วัดมหาธาตุ)

ワット・マハタート(วัดมหาธาตุ)

アユタヤの古刹で重要な歴史公園のひとつ

()
no image

ワット・ボロムウォンイソン・ウォラーラーム・ウォラウィハーン

現チャクリー王朝によって再興された現存仏教寺院

()
no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()
no image

ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

()

タイ語講座

兄 / お兄さん
พี่ชาย pʰîi cʰaay

祝日

ページトップへ