ワット・メーナーンプルーン

ワット・メーナーンプルーン

一般情報

ワット・メーナーンプルーンは、アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院で、お坊さんが修行されています。
寺院内には漆喰のシン(ライオン)像が配置されたチェーディー(仏塔)をはじめ、陶器で装飾された礼拝堂やアユタヤ王朝から続く礼拝堂など、小さいですが見所の多い場所でもあります。
アユタヤ王朝第21代「ナレースワン王」の関係する伝説やビルマ(現在のミャンマー)がアユタヤを攻撃するための拠点だったなど、様々な伝説が残っていることでも有名です。
他にも新しい礼拝堂などもあり、静かな寺院ですが見所の多いのが特徴です。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

08:00~18:30

アクセス

アユタヤ市内から車で約5分 (約2km)

住所 / 地図
住所

Khlong Sa Bua, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3682483, 100.5693928

Nearby attractions

no image
チャンタラカセーム国立博物館

アユタヤ時代の仏像やさまざまな品物を展示している博物館

no image
ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

no image
象柵跡

アユタヤ王朝が野生象を集めて検分していた施設

ワット・ラチャブラナ
ワット・ラチャブラナ

1424年、8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院

ワット・マハタート
ワット・マハタート

13世紀の重要な寺院

no image
ワット・ナープラメン

幾度にもおよんだビルマ軍の破壊からも奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院

no image
ワット・タンミカラート

タイのアユタヤ歴史公園の北側にある仏教寺院の遺跡

no image
ワット・ボロムウォンイソン・ウォラーラーム・ウォラウィハーン

現チャクリー王朝によって再興された現存仏教寺院

タイ語講座
ソーダ水
โซดา soo daa
祝日
ページトップへ