チャンタラカセーム国立博物館

チャンタラカセーム国立博物館

一般情報

チャンタラカセーム国立博物館は、ナレスワン王そしてその弟のエカタット王が即位する前に暮らしていた宮殿で、現在はアユタヤ時代の仏像やさまざまな品物を展示している博物館です。
この宮殿は1477年、マハタマラチャー王時代に香りの良い栴檀(チャン)の木を使って副王のナレスワンのために建てたもので、後にここを修復したバンコク王朝のラーマ4世が、改めて「チャンタラカセーム宮殿」と命名しました。
見どころとして、アユタヤ時代の美しい仏像が展示されている「ピマーンラッタヤー宮殿」や、ラーマ4世が星を観察するために建てた天文台などがあります。
また、ここから徒歩数分でホアロー市場があり、合わせて訪れることもできます。

利用料金 / 利用時間

利用料金

100バーツ

利用時間

9:00~16:00 (月・火休み)

アクセス

アユタヤ市内から車で約10分。

住所 / 地図

住所

Uthong Rd, Hua Ro, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3653792, 100.574751

Nearby attractions

no image

ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

()
no image

ワット・メーナーンプルーン

アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院

()
ワット・ラチャブラナ

ワット・ラチャブラナ

1424年、8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院

()
ワット・マハタート

ワット・マハタート

13世紀の重要な寺院

()
no image

象柵跡

アユタヤ王朝が野生象を集めて検分していた施設

()
no image

ワット・タンミカラート

タイのアユタヤ歴史公園の北側にある仏教寺院の遺跡

()
no image

ワット・クディダーオ

1715年にターイサ王によって大規模な修復が行われた寺院

()
no image

ワット・ナープラメン

幾度にもおよんだビルマ軍の破壊からも奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院

()
ワット・プララーム

ワット・プララーム

1369年、ラメスワン王によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院

()
no image

ワット・スワンダララーム

チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院

()
no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()
no image

ワット・ボロムウォンイソン・ウォラーラーム・ウォラウィハーン

現チャクリー王朝によって再興された現存仏教寺院

()
タイ語講座
木曜日
วันพฤหัสบดี ワン パル ハット サ ボー ディー
祝日
ページトップへ