ワット・スワンダララーム

ワット・スワンダララーム

一般情報

ワット・スワンダララームは、チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院です。
後に修復され、現在はチャクリー王朝の王室寺院として使用されています。
寺院の入口を入って右側にあるのが礼拝堂で、現チャクリー王朝のラーマ4世にて増築された建物といわれており、奥側には金色の仏像が安置してあります。
また、建物内部にはアユタヤ王朝第21代「ナレースワン王」の生涯を描いた壁画が描かれていて外国人でも分かるように英語の案内板も配置してあります。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

8:00〜17:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約5分。

住所 / 地図
住所

1/6 Soi Uthong 4 Tambon Pratuchai, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3484928, 100.5783816

Nearby attractions

no image
ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

no image
ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

no image
アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

ワット・マハタート
ワット・マハタート

13世紀の重要な寺院

ワット・ヤイチャイモンコン
ワット・ヤイチャイモンコン

1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロンに留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院

ワット・ラチャブラナ
ワット・ラチャブラナ

1424年、8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院

no image
ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

no image
日本人村(アユチヤ日本人町の跡)

16世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにある日本人が住んでいた村

タイ語講座
全然
ไม่เลย mai-loey
全然、美味しくない
ไม่อร่อยเลย mai-aroi-loey
祝日
ページトップへ