ワット・セーナーサナラーム

ワット・セーナーサナラーム

一般情報

ワット・セーナーサナラームは、アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院です。
1767年のビルマによる軍事侵攻により、アユタヤ王朝が滅亡した際に放棄され、長い間、放置されていたものを現チャクリー王朝第4代「ラーマ4世」によって1863年に再建され、修道院学校としての役割を担っていました。
その後も「ラーマ5世」によって、さらに改修が施され、現在に至ります。
アユタヤ王朝当時の姿は残っていませんが、寺院内には礼拝堂、メインチェーディー(仏塔)、叙階ホールといった基本的な建築構造は受け継がれており、常に多くのお坊さんが修行をされている非常に美しい寺院でもあります。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

08:00~17:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約5分 (約2km)

住所 / 地図
住所

101 Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3634853, 100.5736421

Nearby attractions

no image
チャンタラカセーム国立博物館

アユタヤ時代の仏像やさまざまな品物を展示している博物館

no image
ワット・メーナーンプルーン

アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院

ワット・ラチャブラナ
ワット・ラチャブラナ

1424年、8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院

ワット・マハタート
ワット・マハタート

13世紀の重要な寺院

no image
ワット・タンミカラート

タイのアユタヤ歴史公園の北側にある仏教寺院の遺跡

no image
象柵跡

アユタヤ王朝が野生象を集めて検分していた施設

no image
ワット・ナープラメン

幾度にもおよんだビルマ軍の破壊からも奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院

ワット・プララーム
ワット・プララーム

1369年、ラメスワン王によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院

タイ語講座
頭が痛い。
ปวดหัว puad-hua
頭痛
ปวดหัว puad-hua
祝日
ページトップへ