象柵跡

象柵跡

一般情報

象柵跡は、アユタヤ王朝が野生象を集めて検分していた施設です。
移動手段であると同時に戦力でもあった象は、アユタヤ王朝にとってなくてはならない動物です。
歴代王は、支配下の地方都市から毎年のように野生の象を集めさせ、象達を柵に囲まれた「パニャード」の中に追い込んで美しい象を選び、選ばれなかった象は森に返していたそうです。
この検分は、海外から来賓があった際には儀式として披露することもあったようで、ラーマ5世は1903年、外国の来賓を招いてここで最後の象検分の儀式を執り行いました。
1990年にも、タイ国政府観光庁がここで一度盛大な儀式を再現していますが、現在は柵や塀、王たちが検分をおこなった東屋などと象の飼育場があるだけです。
現在の象柵は、2007年に大修復されています。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

8:00~17:00

アクセス

アユタヤ市内の中心地から国道309号線で北へ約4km。

住所 / 地図
住所

Suan Plik, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3766521, 100.5687352

Nearby attractions

no image
ワット・ボロムウォンイソン・ウォラーラーム・ウォラウィハーン

現チャクリー王朝によって再興された現存仏教寺院

no image
ワット・メーナーンプルーン

アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院

no image
チャンタラカセーム国立博物館

アユタヤ時代の仏像やさまざまな品物を展示している博物館

no image
ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

no image
ワット・ナープラメン

幾度にもおよんだビルマ軍の破壊からも奇跡的に逃れた13世紀の貴重な寺院

ワット・ラチャブラナ
ワット・ラチャブラナ

1424年、8代目の王が王位継承争いで死んだ二人の兄たちのために建立した寺院

no image
ワット・タンミカラート

タイのアユタヤ歴史公園の北側にある仏教寺院の遺跡

no image
ワット・チュンター

アユタヤ旧市街の島の外にある仏教寺院

タイ語講座
パパイヤ
มะละกอ ma la kɔɔ
祝日
ページトップへ