ナレスアン王記念像

ナレスアン王記念像

一般情報

ナレスアン王記念像は、タイ三大王の一人 別名「黒の王」 闘鶏を愛し自らも軍神となった伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑です。
16世紀中盤、父はピッサヌロークの知事を務めており、ピッサヌロークがビルマに敗れると人質としてビルマに連行され、幼少期をビルマで過ごすことになります。
この人質時代に戦術・戦闘を学び、タイに戻ってからは現在のタイの国技であるムエタイを生み出しタイの兵士を鍛えていきます。
そして1574年にアユタヤ王朝の独立を宣言、度重なるビルマとの戦争に悉く勝利し、「軍神」或いは「闘神」と呼ばれるようになります。
1593年には騎馬象に跨り一騎打ちの末ビルマの王子を打ち破り、アユタヤ王国を再興、広大な領地を征服していきます。
17世紀初頭、ビルマを討つために自ら兵を率いて北上しますが、途中のチェンマイで病に倒れ一命を落とします。
ナレースワンは人質時代に闘鶏に親しんだことから闘鶏に使われるシャモがナレースワンのモチーフとなっていて、記念堂の周りには軍鶏が沢山奉られています。
現在においても闘鶏家やムエタイの選手はナレースワンにあやかろうと試合の前に訪れることが多いそうです。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

06:00~20:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約15分 (約8km)

住所 / 地図

住所

Tha Pho, Mueang Phitsanulok District, Phitsanulok 65000

14.3396102, 100.5572226

Nearby attractions

no image

ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

()
no image

チャオサムプラヤー国立博物館

アユタヤの寺院から発見された黄金の仏像、木彫りの扉、仏像など多数を展示する貴重な資料館

()
no image

アユタヤ・エレファント・キャンプ

タイの中心部アユタヤにある象乗り体験のできるスポット

()
no image

アユタヤ歴史研究センター

日タイ友好100周年の記念行事の一環として1990年に設立された施設

()
ワット・プララーム

ワット・プララーム

1369年、ラメスワン王によって建立されたとされるアユタヤ王朝初期の寺院

()
ワット・チャイワッタナラーム

ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

()
no image

ウィハーン・プラモンコンボピット

1603年にラーマティボディ2世により造られた、タイ最大の高さ17mのブロンズ製の巨大な仏像を安置する塔堂

()
no image

チェディ・シー・スリヨータイ

白象王の異名を持つ17代チャクラパット王の妃の遺骨が眠る仏塔

()
ワット・プラシーサンペット

ワット・プラシーサンペット

ボロムトライロッカナート王時代の1491年に建立された、アユタヤ王宮内にあった最も重要な寺院

()
ワット・ロカヤスタラーム

ワット・ロカヤスタラーム

広大な草原に悠々と寝そべる高さ5m、全長28mの巨大寝釈迦仏

()
no image

ワット・カサッティラート・ウォラウィハーン

チャオプラヤー川沿いにある美しい現存寺院

()
no image

ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

()
タイ語講座
近い
ใกล้ グライ(高音)
祝日
ページトップへ