ワット・二ウェート・タンマプラワット

ワット・二ウェート・タンマプラワット

一般情報

ワット・二ウェート・タンマプラワットは、チャオプラヤー川をはさんで、バンパイン宮殿の南側の対岸にありる寺院です。
ゴシック様式の建物が、一見キリスト教会を思わせますが、ラーマ5世によって建てられたれっきとした仏教寺院です。
ラーマ5世を描いたステンドグラスがはめ込まれた窓からは明るい日差しが差し込み、西洋と東洋の文化が織りなす独特の雰囲気が漂います。
寺院へは、チャオプラヤー川を渡る小さなケーブルカー、または、アユタヤ駅から鉄道で行くこともできます。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

無料

利用時間

8:00~18:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約32分。(約25km)

住所 / 地図
住所

Ban Pa-In Ban Len, Bang Pa-in District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13160

14.2314809, 100.5761541

Nearby attractions

バンパイン宮殿
バンパイン宮殿

歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていた宮殿

no image
ゴンコーン市場

かつて関所があったカノーンルアンにある市場

no image
バンサイ民芸文化センター

アユタヤに近い川沿いの農村にあるタイの民芸文化支援施設

no image
日本人村(アユチヤ日本人町の跡)

16世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにある日本人が住んでいた村

no image
ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

no image
ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

no image
ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

ワット・ヤイチャイモンコン
ワット・ヤイチャイモンコン

1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロンに留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院

タイ語講座
カオソーイ
ข้าวซอย khao-soi
祝日
ページトップへ