バンサイ民芸文化センター

バンサイ民芸文化センター

一般情報

バンサイ民芸文化センターは、アユタヤに近い川沿いの農村にあるタイの民芸文化支援施設です。
ここは、1995年にシリキット王太后による支援施設として設立されました。
広大な施設内では、タイ4大地方(北・東北・中央・南)の伝統家屋、工芸・民芸品、生活用品が展示されています。
4万平方kmの敷地には、湖やトロピカルガーデンなどがあり、美しい景観の中でタイの生活や文化に触れることができます。
また、淡水魚専門の大きな水槽を持つ水族館や、タイ固有の鳥を集めたバードサンクチュアリも併設されています。

利用料金 / 利用時間
利用料金

大人100バーツ、子供50バーツ

利用時間

8:30〜17:00

アクセス

バンコクのFuture Park Rangsitバス停よりNo.838に乗りバンサイまで。
北ターミナルよりアユタヤ行きに乗りバンパインまで。

 

住所 / 地図
住所

59 Moo 4 Chang Yai, Bang Sai District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13290

14.1554235, 100.5188268

Nearby attractions

no image
ワット・二ウェート・タンマプラワット

チャオプラヤー川をはさんで、バンパイン宮殿の南側の対岸にありる寺院

バンパイン宮殿
バンパイン宮殿

歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていた宮殿

no image
ゴンコーン市場

かつて関所があったカノーンルアンにある市場

no image
日本人村(アユチヤ日本人町の跡)

16世紀中ごろから18世紀頃までアユタヤにある日本人が住んでいた村

no image
ナレスアン王記念像

伝説のヒーロー キングナレースワンを奉ったナレースワン大王記念碑

no image
ワット・プッタイサワン

アユタヤ王朝を創立した「ウートン王」に所縁のある寺院

ワット・チャイワッタナラーム
ワット・チャイワッタナラーム

1630年、第24代王・プラサートトーンが亡くなった母を偲んでチャオプラヤー川の西側に建設した寺院

no image
ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

タイ語講座
好き
ชอบ chɔˆɔp
祝日
ページトップへ