プーケット県が新型コロナ制限措置を8月31日まで延長

プーケット県が新型コロナ制限措置を8月31日まで延長

詳細

  タイ南部の一大観光地であるプーケット県では7月1日から新型コロナワクチン2回接種済みの人を対象に観光再開プログラム「プーケット・サンドボックス」を実施していますが、タイ国内で新型コロナの感染拡大が続いていることから、プーケット来訪を制限する措置を8月31日まで続けることを決めました。同措置は8月17日に解除される予定でした。

  プーケット県はまた、パブ、バー、カラオケ店、闘魚、ボクシング施設、スイミングプールなどを感染対策に一環として営業禁止にすると発表しました。

2021-08-17 16:47:59

Relate news

プーケットのナイトクラブ従業員が抗議、有名弁護士告発でお店営業停止、約400人失業

プーケット県カカトゥー郡パトンビーチのバングラー通りでナイトクラブに務めている従業員100以上による抗議デモがありました。

今年のソンクランに6か所の空港の利用者数が約100万人に増加すると予想

4月1日よりタイ入国前のRT-PCR検査が撤廃されたと伴い、タイ空港公社(AOT)は、今年のソンクラン期間中にタイ空港公社が運営する6つの空港を利用する国内線と国際線の乗客が約100万人に増加すると予想しています。

プーケットとクラビのホテルでロシア人旅行者からのクレジットカード決済を否定

プーケット県とクラビ県のホテルは、ロシアの主要銀行をSWIFT(国際銀行間通信協会)から排除することで、ロシア人旅行者からのクレジットカード決済を否定しました。

僧衣を抜けて私服に着替えたニセ僧侶を逮捕

26日2月、プーケット県の警察は、市民から僧衣を抜けて私服に着替えたニセ僧侶と思われる人物を発見したことの苦情を受けました。

CCSA、ロックダウンなし、テスト・アンド・ゴー中止なし

2月21日、タイ保健省が型コロナウイルス警戒レベルを「4」に引き上げたことで、人々はロックダウンの可能性という恐怖を抱いたため、プラユット首相率いる新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は2月23日、ロックダウンを実行する方針はないと断言しました。

「プーケット・サンドボックス」、訪問33万人、収益430億バーツ

2月23日、タイ首相府のタナコン・ウォンブンコンチャナ報道官は、隔離なしでタイ入国プログラム「プーケット・サンドボックス」は、初日の2021年7月1日から2022年2月22日までに、外国人旅行者数が33万3784人、収益が約430億バーツだと明らかにしました。

プーケット県、新型コロナウイルスのエンデミック宣言を目指

プーケット県のピチェート・パーナポン副知事は、新型コロナウイルスの感染拡大への懸念を緩和するために、プーケット県はタイ初の新型コロナウイルスを風土病、エンデミック宣言を目指したいと考えています。

プーケットの警察、未登録の電動スクーターを押収、使用者を逮捕

プーケットの警察は、道路利用者にとって危険にさらされる可能性がある未登録の電動スクーターの苦情を受けました。

Other news

タイ人気YouTuber「ビア・アーパーチェ」が列車に轢かれて死亡

チョンブリー県バンラムン警察署は8月14日00時30分、サイアムカントリークラブ近くで鉄道の人身事故が発生し、全身入れ墨...

ショッピングセンター内の銀行に営業許可

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は8月16日、新型コロナウイルス最高度厳格管理地域「ダークレッドゾーン」2...

バンコク戦勝記念塔から首相自宅までデモ行進、16日15時頃から

在タイ日本国大使館によると、8月16日15時頃より、バンコクの戦勝記念塔からプラユット首相自宅まで、反政府デモ行進が実...

新型コロナ検査キット 反汚職団体が中国製の品質に懸念示す

保健当局が先に購入を決めた中国製の新型コロナ抗原検査キット850万個の品質を地方医師協会が問題視していることについて...

タイ国政府観光庁がプーケット・サンドボックス「7+7モデル」を提案

新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者を隔離なしで受け入れる「サンドボックス」を7月1日から開始したプーケット県...

タイ住みます芸人「あっぱれコイズミ」がオンラインサロン開設

吉本興業所属でタイ住みます芸人として活動するあっぱれコイズミさんが8月13日、オンラインサロンを立ち上げることを発表...

バンコク戦勝記念塔から首相自宅まで反政府デモ行進、13日15時頃から

在タイ日本国大使館によると、8月13日15時頃より、バンコクの戦勝記念塔からプラユット首相自宅まで、反政府デモ行進が行...

救急車運転手、新型コロナから回復して1ヶ月でまた陽性

アユタヤ県のプラナコーンシーアユタヤ病院の救急車運転手の男性(39歳)が、新型コロナウイルス陽性から回復後、わずか1...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

カオサン通り(ถนนข้าวสาร)

外国人も地元の人もよく遊びに来ている人気の観光スポット

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

ワット・ラチャブラナ・ラチャウォラウィハーン

バンコクの中華街、ヤワラートにある有名な第二級王室寺院

タイ語講座

体操(たいそう)
ยิมนาสติก yim-naas-tic

祝日

ページトップへ