民主記念塔

民主記念塔

一般情報

民主記念塔は、1932年6月24日、シャム王国時代の絶対王政から立憲君主制に導いたシャム・クーデターを記念して、1940年に建設さた記念塔です。
イタリア人、コラッド・フェロシのデザインによる中央の祠を囲む4つの塔の台座部分には先の民主化運動を物語るレリーフが飾られています。
また、中央の祠には1974年と1992年の民主化運動の犠牲者が祀られています。
約75の砲弾が像の基部を囲んでおり、その高さは正確に24メートルです。
下部または記念碑に沿った救援活動では、軍隊、市民、法が描かれています。
地元の人々は、現在の状態を生み出す責任のある執行機関は、民主記念塔が、政情不安の時や独裁の脅威の際に、デモや行動の呼びかけのための集いの場であり続けていると言います。
ラチャダムヌンクラン通りとディンソー通りが交差するところにあり、絶好の撮影スポットですが、日中の交通量が多い時間帯は立ち入ることは難しいです。

利用料金 / 利用時間

利用料金

無料

利用時間

24時間

アクセス

王宮(Royal Palace)から徒歩で約20分。

住所 / 地図

住所

Ratchadamnoen Ave, Wat Bowon Niwet, Phra Nakhon, Bangkok 10200

13.7567046, 100.5018897

Nearby attractions

no image

アセアン・カルチャー・センター

名前の通りアセアン加盟国の文化についての情報が展示されている博物館

()
ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

()
ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

()
no image

バンコク都立図書館

2017年4月、民主記念塔近くにオープンしたバンコクの都立図書館

()
no image

クイーンズギャラリー

アーティストの卵や無名の画家に焦点を当てた次世代アートを展示する美術館

()
no image

ワット・テープティダラーム

1839年ラーマ3の命により1839年に建立された第3級王室寺院

()
no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年にラーマ3世の時代に建立された寺院で、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山で、タイの中でも最も...

()
no image

ワット・ボウォーンニウェート

1826年に建立され、後のラーマ4世がおこしたタマユットニカーイ派の総本山

()
no image

サーン・チョオポー・スア(玄天上帝廟)

もっとも信仰心を集める道教寺院の一つ

()
no image

テーワスターン

王都建設の慣例に従いラーマ1世の命によって造られたバラモン教の寺院

()
no image

ラマ7世王博物館

ラマ7世・ポッククラオ国王と王妃の貴重なアイテムを展示している博物館

()
カオサン通り

カオサン通り

アジアを旅するバックパッカーの拠点として世界的に知られているバンコク市内のエリア

()
タイ語講座
ฤดูหนาว rue-duu-naao
冬休み
วันหยุดฤดูหนาว wan-yud-rue-duu-naao
祝日
ページトップへ