ワット・マヘーヨン

ワット・マヘーヨン

一般情報

ワット・マヘーヨンは、1438年、チャオサムプラヤー王(1424~1448年)によって建立されたとされる寺院です。
鐘形の塔や、80体の象が基壇を囲むチェディ・チャーン・ローム(仏塔)など、スコータイやシーサッチャナーライにも広く見られるスリランカ様式が取り入れられています。
ターイサ王が3年間かけて大規模な修復を終了させた1713年には、建設工事の視察ができるようにと近くに宮殿も建てられました。
比較的きれいな形で残っている長方形の境内の東側の正面入り口からレンガ塀に囲われた通路を行くと、布薩堂に出ます。
※布薩堂(ふさつどう)は、境界石に囲まれ、僧侶が修行するお堂です。
布薩堂には、ご本尊が祀られた跡が残っていて、その先にチェディ・チャーン・ロームがあります。
女性の方は寺院に行く時、必ず長ズボンや胸元が露出しない服を着用してください。

利用料金 / 利用時間
利用料金

拝観料50バーツ

利用時間

8:00~16:00

アクセス

アユタヤ市内から車で約15分。

住所 / 地図
住所

Hantra Sub-district, Phra Nakhon Si Ayutthaya District, Phra Nakhon Si Ayutthaya 13000

14.3637535, 100.5950121

Nearby attractions

no image
ワット・クディダーオ

1715年にターイサ王によって大規模な修復が行われた寺院

ワット・ヤイチャイモンコン
ワット・ヤイチャイモンコン

1357年、アユタヤを建都した初代ウートン王がセイロンに留学中の修行僧たちの瞑想のために建てた寺院

no image
チャンタラカセーム国立博物館

アユタヤ時代の仏像やさまざまな品物を展示している博物館

no image
ワット・セーナーサナラーム

アユタヤ旧市街の東側に位置する現存仏教寺院

no image
ワット・スワンダララーム

チャクリー王朝の初代ラーマ1世の父が建立した寺院

no image
ワット・パナンチューン

アユタヤが首都となる26年前、1324年に建てられた寺院

no image
ワット・メーナーンプルーン

アユタヤ旧市街の島の外、北東側にある現存寺院

no image
ワット・ナーンクイ

幹線道路を奥に入ったチャオプラヤー川沿いにある現存仏教寺院

タイ語講座
姉 / お姉さん
พี่สาว pʰîi sǎaw
祝日
ページトップへ