タイで新たに2人からオミクロン株を確認

タイで新たに2人からオミクロン株を確認

詳細

  新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は12月8日、新たに2人から新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」が確認されたと発表しました。

  1人目は、ナイジェリアからタイに帰国したタイ人女性(36歳)。彼女は教会で通訳として働き、11月13日から23日までナイジェリアのラゴスで開催された、20人の参加者による教会代表団会議に出席しました。タイに帰国した後、検査で陽性が確認されました。7月に一度新型コロナウイルス陽性となっており、ワクチン接種はしていません。

  2人目は、同じくラゴスでの会議に参加したタイ人女性(46歳)。タイに帰国した後、検査で陽性が確認されました。ワクチン接種はしていません。

  2人は11月24日にQR803便でタイに到着し、12月5日に検疫を終えています。症状は咳と喉の痛みがある以外、殆どないとのことです。

  なお2人は、ナイジェリアでの活動に参加している間、どちらもマスクをしていませんでした。

2021-12-09 17:09:04

Relate news

農村医学会が「高齢者に新型コロナワクチン接種で1回500バーツの支援金」を政府に提案

タイで、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」による死者数は1日100人程度になっています。その中で、まだ1回日の新型コロナウイルスワクチン接種も受けていない基礎疾患のない高齢者が最も高かったのです。

新型コロナ混合型変異「XJ」がタイで初めて発見

4月5日、保健省の医療科学局が、新型コロナウイルスの変異株であるオミクロン株(BA.1)とステルスオミクロン株(BA.2)が結合した新たな変異株の「XJ」の感染者をタイで初めて発見したと発表しました。

新型コロナ混合型変異「XE」がタイで初めて発見

4月2日、マヒドン大学ラマティボディ病院のゲノム医療センターが、新型コロナウイルスのオミクロン株(BA.1)とステルスオミクロン株(BA.2)が組み合わさった混合型の変異株「XE」の感染者をタイで初めて発見したと発表しました。同感染者の症状は軽症で、現在治療を終えました。

タイ保健省 国内の新型コロナ警戒レベルを「4」に引き上げ

2月21日、タイ保健省は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」が急速に感染拡大したことを受けて、新型コロナウイルス警戒レベルを「4」に引き上げたと発表しました。(最高の警戒レベルは「5」)

ヨン博士、「ステルスオミクロン」の感染者数が今後増えていくと推測

ウイルス学者であるチュラロンコン大学医学部のヨン・プーウォラワン博士は、自分のFacebookページで、「オミクロン株(BA.1)」より感染力が強いとされている「ステルスオミクロン(BA.2)」は、バンコクで2月以来、感染が急速に広がっていると発表しました。

マレーシア国境、来月に隔離なし再開予定

2月13日、プラユット首相は、隔離なし外国人旅行者を受け入れる計画として、3月にマレーシアとの国境を再開する方針を検討しています。

CCSA、新型コロナ対策緩和の方向で検討

新型コロナウイルス感染症対策センター(CCSA)は、今週以内に新型コロナウイルス対策の制限措置を緩和する方向で検討します。

「テストアンドゴー」再開の初日に旅行者約2.3万人が申請

タイ首相府のタナコン報道官は2月2日、ワクチン接種済みの旅行者を隔離無しで受け入れる「テストアンドゴー」の初日(2月1日)に旅行者2万3660人が申請を行ったとのことです。

Other news

バンコク・MBK前スカイウォークで反政府デモ、12月10日17時頃から

在タイ日本国大使館によると、バンコク・MBKセンター前のパトゥムワン交差点スカイウォークで12月10日17時頃から21頃まで...

「Idol Exchange」、カイムックCNYがQueendol賞を受賞

12月4日~5日にバンコク・MBKセンターで開催されたニューノーマルのアイドルライブイベント「idol EXCHANGE」。毎回その日...

タイ国有鉄道労組、ホアランポーン駅廃止計画に反対表明

タイ国有鉄道(SRT)の労働組合が、中央駅としての機能をホアランポーン駅からバンスー駅に移転し、ホアランポーン駅の駅...

プラユット首相、改めて都市封鎖の可能性を否定

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染者がタイ国内で確認されましたが、プラユット首相は12月7日、政府が都...

タイで「オミクロン株」1例目となった男性 その接触者1人、ホテルのウェイターが陽性

タイ保健省によると、11月30日にスペインからタイに到着した、タイで「オミクロン株」1例目となった男性とは、ホテルのス...

カジノ設置を検討するため、特別委員会を設置

カジノを含む複合的な娯楽施設を設ける案を検討するために特別委員会を設置することが下院にて賛成多数で決まりました。

タイ初のアイドルカフェ「サイアムドルカフェ」、キャストの2人が店を飛び出した

バンコクのドンキモール・トンロー3階に11月1日にオープンした、タイ初のアイドルをテーマしたカフェ「サイアムドルカフェ...

天に向かってそびえ立つ「男根公園」、セクハラ神「ラホネー」を辱めるために

タイ東北部コンケーン県ウボンラット区にあるトライテープ公園には、いくつもの巨大な男性器のモニュメントが並ぶ「男根公...

DESTINATION

ワット・ラチャナダラム

ワット・ラチャナダラム

ラーマ3世記念像の裏手にある、1846年にラーマ3世がソーマナット王女のために建立された寺院

ラタナコーシン展示ホール

ラタナコーシン展示ホール

民主記念塔の前にある展示館

ワット・バーンクン

ワット・バーンクン

タークシン王によって要塞が築かれたという地に建立された寺院

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

ワット・トライミット(黄金仏寺院)

黄金の仏像があることから「黄金仏像院」とも呼ばれる寺院

タイ語講座

สีขาว スィー カーウ

祝日

ページトップへ